ペレットストーブ

ペレットというのは、木屑やごみなどからできたチップで、
それを燃料とするストーブがペレットストーブです。

日本でも1990年ごろから紹介されているそうですが、
ここイタリアでも4,5年前からよく見かけるようになりました。
もしかしたら義妹が買ったので、余計身近になったのかもしれませんが。

ストーブは、専門店ばかりでなく大型のスーパーマーケットでも見られたので、
普通のガスストーブのように買って来てすぐに使えるのかと思っていたら、そこが間違い。
排気用の煙突工事をしなければならないのです。

だから置き場所もよく考えて決めないと、後でひょいっと動かすわけには行きません。

大きくふたつのタイプがあって、ひとつは単にストーブとしてその周囲を暖めるもの。
でも、かなり強力なファンが温風を送り出すので、部屋の隅々にまで温かい風がいきわたります。
昔のストーブのように、顔ばかりがほてって背中は寒いというものではありません。^^

ペレットそのものはホームセンターや、スーパーマーケットなど町中のいたるところで販売しています。
まだ使い始めたばかりで、ランニングコストがよくわかっていないのですが、
すでに使った人たちの話では確実にガスストーブ(セントラルヒーティング)より安上がりだということです。

だから、このペレットストーブを日に10~14時間ぐらいつけっぱなしにして、
夜か朝方に数時間だけセントラルヒーティングをつけるという感じでこれからは暮らしていこうかと思っています。

もうひとつのタイプは、そのセントラルヒーティングに接続するものです。
本体もさらに大型になり、工事も煙突の工事だけでなく専門家による配管工事が必要になってきます。

機種によってはセントラルヒーティングだけでなく、シャワーや台所で使用する温水もまかなえるものがあり、私はそういうタイプにしたかったのですが、Paoloには彼の思惑があったようで、我が家ではシンプルなストーブになりました。

ファンの音や、燃焼したときのにおいなどを懸念していましたが、気になるにおいはまったくありません。
音は扇風機の中くらいの使用時の音くらいでしょうか?
つまり、あまり気にはなりません。

また、後日使い心地などを報告することにしますね。


新車?

Fiat Grande Punto EVOがやってきた!

ははは・・・
やってはきましたが、数日の滞在です。
私の車の調子が悪くてイタリア自動車協会から出してくれた代理の車です。
こんなサービスがあることも知らずに約20年、会費だけを納めておりました。(笑)
たった3日間しか無料の貸し出しはありませんが、始めてその得点を使ってみたというわけです。

でも・・・
あまりに新車過ぎて、万が一傷をつけたらと思うと怖くて普段のような運転もできず、
(私はこの20年間に自分で車に傷をつけたのは3回しかありません、無違反とは言いませんが(笑)無事故です。念のため。)
もしもスーパーの駐車場などに止めているときに誰かが傷をつけたらと思うと気になってしょうがないので、明日にでも返そうかと思っています・(笑)

まぁ、試乗できただけでも楽しかったし、
試乗した結果、やっぱりMazda2のほうが断然乗り心地がいいことを再確認してうれしくなりました。
ちゃんと修理して、まだまだこれからも末永く付き合うつもりです。^^

でも、せっかくなので写真をとって見ました。

ゴルフウエア

靴もウエアに入るのよね?^^
まだグリーンにでて遊ぶところまで行っていないので
靴は要らないよといわれていましたが、
ゴルフクラブで友達に出会ったので、もしかしたら
正式な免許ではなくて仮免のグリーンカードが出たら一緒にプレイするかもしれないし、
あわてて段取りするよりもと思って、ここ数日それとなく見ていました。

うちの近くにはアウトレットがあって、その中に一軒(一軒だけ?(笑)
ゴルフウエアを扱っているところがあって、
靴もあるにはあったのですがデザインはひとつっきり。
薄めの紫のアクセントがついていて、どうもなじめませんでした。
履き心地も決していいとは言えず、でもほかにかなったらしょうがないから
それをかおうかとい思ってその場を去りました。

洋服はいくつかその店で調達しました。
特に薄手のレインジャケットは一見レインジャケットには見えないデザインと材質で、
それでもスキーウエアの素材を使っているらしくて信頼性がありそうで一目ぼれしました。
真っ黒で遊び心はないけれどすっきりとしています。(写真とり忘れ)

翌日ゴルフクラブのブティックに行ったら、
なんとデザインも豊富にいろんな靴がとりそろっているではありませんか。
しかも値段もこちらのほうが安くて助かりました。



ゴルフはジーンズが禁止なのと、あまり肌を露出させないようにということぐらいで
これでなくてはいけないという服装はないようです。
たまたまPaoloがポロシャツを愛好しているので、
小さめのをかりてきていったこともあります。^^

でも、やっぱり自分専用のがあったほうが楽しいですよね。
ということでポロシャツも少し買ってきました。
中にはテニス用のもありますが、気にしなーい。(笑)

はずかしながら マイ スイング

自分のスイングを初公開します。
カシオのExlim FC100はスローモーションで撮影できる優れもの。
年始に買って、あまり活用していませんでしたがやっと行き場を見つけた感じです。(笑)

笑わないでね。
でもこのときは結構飛んだんですよ。
先生にもほめてもらって喜んでいるのです。

またまた恥ずかしいけれど・・・

生まれて始めてゴルフのレッスンを受けてきました。

亡き実母が残したクラブをえんやらことイタリアまで持ってきたのはいいけれど、
玄関の隅に放置したままでした。

でも、Wiiを買ってからゴルフの遊びが大好きになって毎日のようにしていたら
Paoloが「そんなに好きなら実際にやってみたら」と何度も言ってくれて、
しかもうちから30分以内でヨーロッパで最も古いといわれるゴルフ場があるのです。

いいところに住んでるでしょう?(笑)
イタリアで一番水質のいい海水浴場まで1時間ほど。
スキー場まで1時間ちょっと。
ゴーカート場まで30分ほど、
ミニバイクのコースまでこ一時間、
鉱泉プールまで25分
ゴルフ場までも約25分。

こんなロケーションにいながら一度も行ったことがありませんでした。
ゴルフはお金持ちの趣味。
自分には縁のないことと頭っから遠ざけていたのですが、
亡き実母が生涯の友としていたゴルフとは何ぞや?
彼女と一番つながれるのはゴルフではないかと思い、
ちょっとレッスンだけでも受けてみようと思い立ちました。

自分には適していないかもしれないし、
好きになれないかもしれないけれど、
まったくチャレンジせずに終わるのは残念な気がしたから。


とりあえず、今日のレッスンでは素質ありの診断が下りました。
まぁ、先生にしたらそういわざるを得ないでしょうけれどね。(笑)

幸い、ここは会員権を買うのも家を抵当に入れなくても大丈夫そうだし。(笑)
来期はプールをやめてここにするかも???

まだまだ未知数ですが、取り合えず5時間のレッスンの申し込みをしてきました。