Hana

1ヶ月半ぐらい
1ヶ月半ぐらい


3ヶ月頃、Kenと紐の引っ張りっこ
3ヶ月頃、Kenと紐の引っ張りっこ


3-4ヶ月、陽介の靴をしきりにかじっていた頃
3-4ヶ月、陽介の靴をしきりにかじっていた頃


1歳、避妊手術のあと家族の介添えを得て用達に
1歳、避妊手術のあと家族の介添えを得て用達に


アップ
アップ


2歳、何故か寂しそう
2歳、何故か寂しそう


3歳、外の気配に注意
3歳、外の気配に注意


3歳、Kenに噛まれたあと私が花輪をプレゼント
3歳、Kenに噛まれたあと私が花輪をプレゼント


3歳、Kenの残した食べ物をちゃっかり
3歳、Kenの残した食べ物をちゃっかり


4歳、時々こうして体操?
4歳、時々こうして体操?


4歳
4歳


自分の犬小屋の前で
自分の犬小屋の前で


かなり太っていた頃
かなり太っていた頃


綺麗に撮れたね
綺麗に撮れたね


momoはHanaをマンマだと思ってる?
momoはHanaをマンマだと思ってる?


7月28日、Hanaは永久の眠りにつきました。

-後ろ足に余分な爪が生えてきて簡単な切除手術
-原因不明の大きなキズが胸に
-避妊手術
-預かっていた友人の犬に耳をちぎられそうなほど噛まれて縫合
-事故による後ろ脚骨折
-時折Kenに噛まれた(もちろん怪我というほどではないけれど)
覚えているだけでもこんなにいろんな目にあってきたHana.
そして胸に大きな腫瘍ができて数年、
良性なので手術の必要はないとのこと。
逆に手術後の合併症などのほうが危惧されるというので放置していたけれど
それはそれは大きくなって可哀想でした。
その腫瘍がどうやら背中にも移転したようで
ブラッシングすると異常に毛が抜け心配していたところです。

でも食欲はあるし、我々が帰宅すると喜んで飛び跳ねたりしていたのに・・・

前日の夜に何も食べなくなったのでいよいよかと覚悟を決めていました。
28日の朝には少しだけ水を飲んだだけでした。
外出先から獣医さんのところへ行こうとして様子を見に一旦家に戻ったら
すでに息絶えていました。

マレンマの平均寿命は7~8歳と言われているのに14年以上も長生きしてくれて
当然ながら痛いとも辛いとも言わずに逝きました。

今頃はKenにまた噛みつかれているかもしれません。

毎日スリスリしていたMomoは寂しがっているのかなぁ。

時折Hanaのことを心配してくださっていた方がた、ありがとうございました。
今はなんの痛みもないところでおもいっきり食いしん坊ぶりを発揮しているのだと信じています。

Incubo=悪夢

昨日の朝、隣の庭で犬たちが吠えていました。

普段からよく吠える犬たちなので最初は気に留めていませんでしたが、そのうち猫の鳴き声がしたのです。

しかもオットの鳴き声!

オットは喉を患っているかのようなハスキーな声で、いわゆる普通の猫の鳴き声とは違うのですぐにオットだと思ったのです。

お勝手口のドアを開けて覗き込もうとしましたが隣は私の背よりも敷地が高くなっていて見ることはできません。

2階の窓から見てもオリーブの木に隠れてよく見えません。

そのうちRudyが走りだして物凄い勢いで吠えています。

普段隣の犬がRudyに向かって吠え立ててもRudyは知らん顔なのに、です。

そのうちに隣の犬たちもおとなしくなり家の方へ引き上げたようです。

隣と言っても庭が広いので家の人の姿も見えず、正月早々だし確定できないことで電話するのもはばかられるし・・・

きっとオットはすばしっこい猫だし、かつてKenにも向かっていったほどの勇気のある子だから大丈夫だろうとは思うのですが、食事にも帰ってきません。

不安を抱えながらも約束があったのでゴルフに行ってきました。

帰宅してもオットの姿は見えず、ほぼ諦めていました。

犬たちが木の上の方に向かって吠えていたのなら何の心配もしなかったのですが、地面を覗きこむような格好で吠えていたので・・・

夜の食事時にもオットはいませんでした。

まぁ、自然の摂理なのだし、交通事故にあったりするよりはマシなのかもしれないとなるべく気持ちを落ち着かせて明日になったらせめて遺体を引き取らせてもらいにおとなりへい行こうとおもっていました。

そして今朝・・・

暗い気持ちで階下へ降りて行くと、いつもと同じ光景、猫たちが餌をせがんで私の周りを前後して歩いています。

もう餌も3つしか要らないのだなぁと器を用意していたら、黒いのが3匹!

オットが帰ってきたのです。

しかもかすり傷ひとつありません。

昨日一日中心配していたのはただの悪夢でした。

良かったぁ。

昔は時々数日家を空けることがあったけれど、今や避妊手術もしているしメス猫が夏でもないのに丸一日帰ってこないなんて!

本当にオットはお転婆なんだから。

でも、「ああ、よかったぁ。」を何度も繰り返しました。

あっちとこっち

我が家は言うまでもなく田舎の一軒家です。

数年前に農耕地から住宅地に変更になったらしいですが、いまだどの家でも鶏を飼ったり野菜畑を作ったりしています。

牛や豚を飼っているところもあります。

そんな我が家の両隣。

エリオさんちには鶏と、新鮮な野菜が。

アメリーゴさんちにはワンコたちと鶏とやっぱりいろんな野菜やぶどう畑が。

我が家とほんの少し境を共にしている名前も知らない空き家には草刈りをしなくていいようにヒツジの一家を飼っています。(放置状態)

ヒツジ一家

洋品店を経営なさっている方のおじいさんの家だったようで、おじいさんが亡くなってからずっと空き家です。

年に数回孫達が演奏に来たりする程度。
羊さんたち食べ物に困らないでのんびり生活しています。

小川を隔てたとなりには馬が数頭。

馬

Kento Hanaが若かりし頃にはよくこちらの馬にじゃれついていました。

あ、もちろん馬もあの頃のとは違っています。

 

日本で両隣に羊と馬がいるというと北海道ぐらいかしらね?(笑)

ちなみにメス猫4匹はこの辺りでもうちくらいなもんです。(笑)

 

Rudyその後

もうすぐRudyが我が家にやってきてまる2年になろうとしています。

先日、中型犬用のペットリーノ(胸につける首輪?日本ではなんて呼ぶのかな??)を買ってきたら小さすぎて入らなかったので、Rudyは我が家では小さく見えても世間的にはやっぱり大型犬なのかしら?(笑)

とにかくKenやHanaに比べたらうんと小さいんですがね。

でも、元気は人一倍! いや犬一倍?(笑)

たくさん寝て、たくさん食べて、庭に出たら止まることを知らないで駆け回っています。




でも、やっぱり先輩たちは苦手なようで、一緒に遊ぶんだけれど、
何度か食事中におじゃまして叱られたことがあるので今は食事時間に一番気を使っているみたい。

KenとHanaは長い間ほとんど庭で暮らしていたので今でも食事の時には外で食べることが多いのですが、Rudyは今は我々のテーブルの近くで食べることになっています。もちろん食事のタイミングは我々が終わってからなのですが。

例えば外にいるときに食事時間になったらKenとHanaがお勝手口をでたところで食べるので自分は玄関に回って屋内に入ってくるのです。家を半周して。(笑)

KenとHanaが食べている距離が3メートルほどは有にあるというのにその間を縫って通ることを避けているのでよほど怖い思いをしたことがあるのでしょう。

 

何度か私がKenを撫でているところに嫉妬してKenにかかっていたことがあるけれど、最近は少し我慢できるようになりました。

これはKenの方もかな?
いやKenは歳のせいかぼやきが多くなってきたかも。
時々夢を見て吠えることもあるし・・・

アクシデント

rudy9

Rudyはどんどん成長していて、昨年は水撒きをすると飛び込んできて
ホースの先でビショビショになっていましたが、
今年はそういうこともなく、濡れない所で見守っています。

rudy0

玄関先に並べた鉢植えの花の殆どを引きぬいてしまった時期がありましたが、
最近はそういうい事もしなくなりました。
少なくとも夏野菜をコンテナに植えましたがそれらは被害にあっていません。

Rudyはいつも幸せいっぱいという仕草で我々を楽しませてくれます。
ところが今朝ちょっとしたアクシデントに見舞われて
今は私の足元でシュンとしています。

わんこは棒きれが大好きですよね?
Rudyも庭に転がっている大小様々な棒きれをくわえて走り回るのが好きなのですが、
今朝、あまりに勢い良く突進している途中に見つけた棒きれを口にくわえたのはいいのですが、
棒の(正確には竹)の端っこをくわえてしまい、それがかなり長かったので
バランス悪く先のほうが地面に突き刺さってしまい、
Rudyの口の中で、反対側が刺さってしまったという事態が怒りました。
竹を斜めに切ってあったのでまさしく突き刺さったのでしょう。
すぐに取れましたがキャンキャンとつらそうな声で泣きながら家の中に入って行きました。
事の一部始終を見ていた私にも何もしてあげられることはありません。

竹の先に少し血がついていたのでさぞかし痛い思いをしていることでしょう。
大好きなミルクをあげてみましたがかなり時間が経ってから一口舐めてみましたがそれっきり。
当分は何も口に入れたくないのでしょう。

きっと口の中の怪我は人間でもそうだけれど早く回復すると思いますが、
しばらくしょんぼりのRudyを見なければならない我々もちょっとしょんぼりです。


では元気な時のRudy,少しピンぼけですが・・・