Pancetta私の解釈

まみるさんのblog、毎日の昼食と夕食を細かく記録なさっていてとっても興味深いです。

愛するご主人のために、お年を召しているお母様のために
若くて食欲旺盛な息子さんやお孫さんたちのために・・・

毎回趣向を凝らして健康に留意して、堅実な主婦らしく節約も考えてそれはそれは丁寧にお料理なさっています。

写真も上手なので料理の写真もきれいです。

と、まみるさんのblogの紹介をしようと思って書き始めたのではありません。(笑)

リンクしたページ、カルボナーラを紹介なさっているのですが、そこでふと気が付きました。

イタリア以外の国々ではパンチェッタとベーコンというものが共存しているようです。

イタリアにはパンチェッタしかありません。

イタリア語にベーコンという言葉はないのです。

Pancia(パンチャ)とはお腹のことでつまり豚のバラ肉のことを指します。

生も、塩で漬け込んだものも、燻製にしたものも熟成したものも・・・すべてパンチェッタ。

pancetta rotonda
骨のないパンチェッタの薄切りで伸ばせば普通の姿になりますし使いやすいです。

pancetta
普通は食料品やさんやスーパーの惣菜コーナーでこういう塊を2,3センチ幅に切ってもらいます。これには骨もあるし皮もついています。普通はそれらを取り除いて使います。

骨があるのでいわゆる器械でのスライスをしてもらえないのです。ですからベーコンエッグなどではなく拍子木や色紙に切ってカルボナーラやラ・マトリチャーナ(=アマトリチャーナ)などに使います。

pancetta-fresca
これは生のバラ肉、これもパンチェッタです。

これはセコンド・ピアットの一品として直火やフライパンで焼いたりして供します。

(写真はすべてネットよりお借りしたものです)

日本では生っぽいものがパンチェッタと呼ばれているのでしょうか?
バラ肉というよりパンチェッタのほうが今風なのかな?

イタリアの朝食は甘いクロワッサンにコーヒーかカップチーノと言うもので、上記のベーコンエッグなどは普通は食べないのでそんなメニューを知らないイタリア人がたくさんいると思ってください。最近は海外旅行をするので知っているという感じです。

でも、普通のは先に上げたカルボナーラ、ラ・マトリチャーナ、グリーチャ、の他にも玉ねぎとパンチェッタのパスタなど。

また、細かく切って使えばいろんな料理の隠し味に使えます。

イタリアの家庭の台所にはニンニクとパルミッジャーノとパンチェッタは常にあると思ってください。^^