静脈瘤の施術とシルビオさんの誕生祝い

昨年何度か病院へ足を運んで検査を済ませ、手術というか治療の順番を待っていましたが、やっと私に順番が回ってきました。

暑い時期には出来ない施術だということだったのでもしかしたらこの冬に持ち越しかと心配していた矢先でした。

こちらの病院はいつもそうなのですが、14日の午後14:30ごろにラウンド中携帯に電話が入り「16日に来い。」ということでしかも前日にClexeneという注射をしていかなければならないとかでその注射を薬局で買うのですが、医師の処方箋が必要です。

ただ私のホームドクターのスタジオは木曜の午後は閉まっているし、自宅まで押しかけるのは気が引けるのでたまたまラウンド中の別の医師を捕まえて処方箋を書いてもらいました。(汗)

翌日の金曜日にはあるスポンサーの主催するギリシャ行きの懸ったイタリア国内決勝戦のコンペがあって、シニア部門のカップル戦で出場することになっていたので朝の9:18分のスタートで家を8時過ぎには出てコンペに参加しました。成績はいまいちでした。でも仲の良いシルビオさんとともに雲ひとつない晴天に恵まれ、フォレンツェから参加した男性カップルとともに気持ちの良い一日を過ごしました。

その夜になんとシルビオさんから彼の誕生祝いに招待されていたので、コンペでは優勝しなかったのをこれ幸いに?(笑)早めに家に帰って着替えてそちらのレストランへと向かいました。

行ってみるとなんと約20年前に通訳をしていた工場(シルビオさんともその頃からの知り合い)で働いていた方が数名おられてびっくりすると共にとっても懐かしく嬉しかったです。

食べきれないほどたくさんの料理が出てきてついにシルビオさんの親戚の方や友人たちが作ったケーキが出てきました。

IMG_5
私が座っていたのは壁際で両側に沢山の方々が座っておられたので両手を高く掲げての撮影で普段にもましてブレていますがあしからず。

IMG_4
親戚の方の作ったケーキにろうそくがたっていましたがなんと100歳❢という数字で皆で大笑い。(私は反対側からの撮影なので001となっていますが)

IMG_1
このケーキを作ったのがこの女性。後でkaraokeで歌も歌っておられました。

IMG_3
シルビオさん(66歳になられたとは見えないでしょう?)と姪御さんのカテリーナちゃん。

IMG_2
この方々が昔の仕事仲間。

あっという間に12時を過ぎて、さてこれからカラオケで盛り上がるという時にはっと思い出したのが例の注射。

しかも、息子から黒い靴を送って欲しいと頼まれていたので翌日はまず郵便局へ行ってその足で病院へ行くつもりでいたので余り夜更かしはしないほうがいいなと後ろ髪を引かれる思いでみなさんより早めにその場を後にしました。

帰宅したらPaoloがまだ起きていたので注射のことを話ても余りその気がないみたいだったので自分でちゃっちゃとお腹に針を刺しました。(笑)

実は昨年、Paoloが交通事故にあった時に私が毎晩彼のお腹にしていた注射と同じものなのです。で、あの時の恨みを晴らすのだと言っていたのですが、もう寝るところだったので気が失せたのでしょう。^^

今、私の左脚は白くてきつくしまったタイツで覆われています。火曜日までとってはいけないそうでなるほど暑い時期には大変だなと思います。

施術の方は静脈瘤を凍らせる?注射をするだけなので大したことはありませんがやはり多少の痛みを伴います。何よりも普段我々は血管の存在など気にしないで生きていますが、今ははっきりと左足の血管を感じるのでいささか気味が悪いです。

座ったり立ったりする動作の時に少し痛みがありますが、歩くのには支障はないものの腿をきつく締め付けられているのでどうしても少しびっこがちになってしまいます。

この施療を2~3週間毎に後3回受けたらおしまいということなので頑張ります。

綺麗な足が戻ってきたらまたスカート履こうかしらん?(笑)

 

追記:施術というつもりで施療という言葉を使っておりましたが、Toshiさんのコメントではっと気付き訂正いたしました。(汗)

 

 

 

 

 

 

“静脈瘤の施術とシルビオさんの誕生祝い” への10件の返信

  1. それはそれは、大変というか、めんどくさい治療ですね、注射はするし、時間はかかるし。
    その間はゴルフはできないのですか?
    それとも合間には運動をしてもよいものなのでしょうか?
    夏になったらミニスカートなど如何でしょう。
    Paoloさんが笑うか怒るか想像がつきませんが・・・・・・^^;

  2. 加藤さん、おはよう

    >その間はゴルフはできないのですか?
    真っ先に私が先生にした質問です。(笑)
    で、回答はOKということです。
    施療後も15分歩いてから車に乗るようにと言われたので
    動かすほうがいいのかもしれません。
    ただ、左脚なのでゴルフの場合結構左に重心がかかるのでちょっと不安ですが、
    早速今日にでも試してこようかと思っています。^^;

    Paoloはミニスカート大賛成です。あはは。。。

    ついでながらネットの状況が改善されました。
    サーバーのほうで何やら接続順位を改善してくださったそうです。
    昨夜、本気でサーバーの乗り換えをしようとPCを開けたのでびっくり、で、ホッとしました。

  3. >「16日に来い。」ということでしかも前日にClexeneという注射をしていかなければならないとかでその注射を薬局で買うのですが、医師の処方箋が必要です。

    イタリアの病院での治療って大変なのですね(驚) 不親切と云うか、何と云うか…
    自分で薬を買って、自分でお腹に注射を打つのですか?怖~い。 流石Keikoさん強~い。前にパニック映画で見たような何とかショックのように、お腹だったらどこでも良いのですか?  
    早く元の綺麗な足に戻られると良いですね、 お見舞い申し上げます。

    PC改善されたとの事^^
    ”サーバー乗換えるぞ~”って思ったら、 なぜか分かったのか、 慌てて直してくれたのかも…^^  やれば出来るんだ~^^  このまま直ってくれれば良いですね^^

  4. Emilliaさん、こんばんは~

    場合によっては何年も待たされた挙句に「明日来い、来なかったらまた順番を先送りにする」という感じなんですよぉ。
    ま、個室に入らなかれば治療費は国が見てくれるのですが、私の場合は病院ですが、実費払いでその分2日前に知らせがあったのでしょうかねぇ。(笑)

    お腹のお肉をつまんでそこに注射するんですが、私のお腹にはたっぷりと脂肪があるのでちっとも痛みは感じませんでした。(笑)

    ショックの場合の注射はからだのどこでもいいそうです。
    以前、喘息がひどかった時に念の為に家にもその注射があったのですが、心臓に突き刺してもいいとドクターは言っていました。(怖)
    幸いそれを使うこともなく期限切れになったので捨てましたが。。。

    サーバーのこといろいろ心配してくださってありがとうございました。
    表立ってはサーバー側の支障と思わせない対応をしていて裏で改善してくれたみたいですねー。(笑)
    なんかもう大丈夫そうです。(ホッ)

  5. Keikoさんおはようございます
    以前にも静脈瘤のことを書いておられましたね。
    いよいよ施術ですか。
    無事に終わって早く良くなりますように。
    それにしてもイタリアの病院は患者の都合はお構いなしなんですね。
    でも、診てもらうんだから仕方ないのかな^^
    注射を自分でなんて怖いようなちょっと自分でやってみたいような・・・(笑)
    あとのゴルフが楽になるといいね。
    お大事になさってください。

  6. Toshiさん、おはよう
    施術、ですよね。
    私、施療と書いていて今気がついて訂正しました。(恥)
    実費を払っているのだから施療じゃないですよねぇ。(笑)

    イタリアの病院、すごいでしょう?
    最近はこれでも診療などには予約が取れるようになってきたんですよ。
    ただ同じ予約時間に何人もの人の名前がのっているようですが。(笑)

    自分で注射なんて日本では考えられないですよね。
    以前、アレルギーの皮下注射もPaoloにしてもらっていました。

  7. 静脈瘤何度かの治療でよくなるといいね。
    足がはった感じや痛みがあったのでしょうね。
    足がつるとよく言ってたのはそのせいだったかもね。
    立ち仕事の人に多いとも聞くわ。
    私もコブはないけど赤紫の血管の模様が見える部分があるわ。
    きれい、ともいえる(笑)
    それを見ると人間の体って不思議でよくできてるな、と思うわ。

    自分で注射は日本では糖尿病くらいかな?
    子供が糖尿病の注射をしないといけなくて、それで小学校の入学を渋られることがあると聞いたことあります。

    治療中もゴルフができてよかったね~

  8. まみるさん、こんばんわ
    脚がつる原因ははっきりとはわからないみたいだけれど、静脈瘤のある人やティロイドを持つ人に多いらしいです。
    私の場合12,3歳からだから体質なんでしょうけどね.

    ああ、そういえばそうね、糖尿病の友人がおしりに注射打ちながら仕事していましたっけ。
    子供にも糖尿病が多いの?気の毒ねぇ。

  9. Keikoさん、ご無沙汰~
    やっと施術の順番が回ってきて良かったね。
    ほんと、自分で注射を打つって、なんかワイルドだな~^^
    日本が過保護なのかもね。

    ミニスカート、是非はいてくださいね。
    私もここのところスカートが増えました。
    足さばきも、楽なのよ。
    それに年下の友人たちが「こんな格好できるのはゴルフの時だけよ。スカートにしなさい」とそそのかすのよ^0^

  10. 青花さん、お元気ですか?

    ミニスカート、きっと涼しいでしょうね夏は。
    友人たちがみんなはいてるのに今まではじっと我慢の子でした。
    もう一つの理由はうちのゴルフ場のラフは結構深くて
    ボールを探しに行く時に草かぶれしちゃうからショートパンツも余り履かないで
    履いた時にはハイソックスを使ってたんだけどね。
    たまには気分転換も必要だよね。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。