La vita è bella

La vita è bella=人生は美しい

心の底からそう思えることが昨夜起こりました。

 

還暦を祝うという習慣もそんな言葉ももちろん存在しないイタリアですが、やはり60歳の誕生日というのをほかの年よりも幾分大切にしている感があり、Paoloの60歳の祝いにもたくさんの友人たちが駆けつけてくれたものでした。

その記憶がもちろんPaoloにもあって、私の60歳の誕生日もほかの年とは違った素晴らしいものにしようという考えていたようです。

でも、私は大勢の人たちを呼んでのパーティーには興味がありませんでした。

なぜならイタリア人たちはただ集まって食べておしゃべりをしておしまいなのです。

スピーチもなければ歌うでもないおしゃべりと言ってもテーブルが離れていれば出会った時の挨拶以外一言も言葉をかわさない人も出てくるような塩梅です。

せいぜい時々誰かが「◯◯さんにカンパ~イ。」等と言って杯を重ねるくらいなもので本当につまらないパーティーです。

私が裏方ならいろんなゲームを織り込んでの楽しい企画を立てますが自分の招かれるパーティ-ではそれも出来ず・・・

だからパーティーは無しよ。とPaoloに念を押しておきました。

それよりも、もしも許されるなら息子に会いにアムスへ行きたかったのですが、1月に日本へ行ったばかりで散財してしまったので言い出す勇気もなく悶々としていたのでした。(笑)

そうしているうちにPaoloが事故にあって・・・

私の誕生日のことなどどこかに飛んでしまった感がありました。それでかえって二人っきりで過ごせることを喜んでいたのです。

ここ数年の私の誕生日はというとPaoloの仕事が忙しい時期なので一人で夕食をとって、夜遅く帰ってくるPaoloを待っているというパターンでした。

それが一緒に夕食をとれるというだけで特別な気がしていたのです。

でも、Paoloはせめて外で食事をしようと誘ってくれました。

怪我の方も随分良くなって松葉杖無しでも平坦なところでは歩けるようになったことだし、私も快く承諾しました。

 

いつもなら、外食をするにしても行き先のレストランを決めるまでに随分と悩みます。

でも、昨夜は「どこに行くの?」と尋ねたら「La Pace!」と直ぐに返事が帰ってきました。
やれやれ行き先で揉めることがなくってよかった。と思いながら車を発車させると
「ちょっとそこのBarで食前酒を飲んでからうこう。タバコも買いたいし。」というので
そちらに寄って寒い中、外で食前酒を飲みながらPaoloがタバコを吸い終わるのを待ってやっと本来の目的地に向かいます。

着いたら丁度そこの女将さんと出くわし、「息子さんはどうしているの?」と訪ねてくれるので「アムスに行ったっきりなんですよ。でも元気にしています。」などと話しながらレストランの奥の方へ進み、女将さんが「ここの席はどう?あっちでもいいし・・・」

などというので席を見ながら振り返ってPaoloを探していると目の前に見たことのある顔が・・・

背のたかい青年が微笑みながらこっちを向いて立っています。

「?!」

「???!!!!!」

まさか!

いえ、そこにいるのはまさしく陽介でした。

なんということでしょう。アムスから私の誕生日を祝うために駆けつけてくれたのでした。

もちろん飛行機には列車に飛び乗るようなわけには行きません。

Paoloと二人で事前に打ち合わせをして仕事先に休暇をとって・・・

つまり父親と息子がここ数日間、私に内緒でこんな素晴らしいサプライズを用意してくれていたのでした。

もちろん泣きました。レストランの真ん中で。

嬉しくて涙が止まりませんでした。

抱き合って頬ずりをしてやっと席につきました。

もちろん席もすでに予約済みだったのですが、支配人が用意していたのでその妹に当たる女将さんは知らなかったようです。

-10月5日加筆ー

Barに立ち寄ったのにはこんな訳があったのです。つまり陽介が家に帰って自分の車をとってレストランに駆けつけること。家までは友人が送ってくれたのでした。だから我々と入れ違いくらいに陽介を乗せた車が家の前に着き、我々が食前酒を飲んでいる間に陽介は車で先にレストランについていなかればならなかったわけで、いつも時間に遅れる息子を相手にこんな綿密な計画を立てたPaoloはおそらく気が気ではなかったでしょう。

ー加筆終わりー

 

しばらくは嬉しさに言葉もなく、ただ息子の顔を見ては笑っていました。

息子にも私の気持ちが通じたようで恥ずかしがることなく私のしたいようにさせてくれていました。

<あかん、思い出してまた泣けてきた・(笑)>

スリーショット

前菜が運ばれてきたところで若いウエイターさんに頼んでシャッターを切ってもらいました。なかなか上手に撮ってくれてますよね。

どうしても息子の方にくっついていたのでPaoloが一言「素敵なカップルですねぇ。」(笑)

Paoloが選んだ前菜はカジキマグロの燻製にメロンの組み合わせ。今の時期なので黄色い皮の、中が白いメロンでした。一切れ奪いましたがとっても美味しかったです。

陽介はやはり美味しい生ハムに飢えていたようで生ハムとモッツァレッラ・デッラ・ブファラ(水牛乳のモッツァレッラチーズ)の盛り合わせと父親のを一切れ。^^

生ハム

その後のプリモ・ピアットはPaoloと陽介がスカンピ(手長エビ)風味のリゾット。私は四角いスパに甲殻類(かにとスカンピが入っていた)のソース。

みんな蟹や海老の掃除に忙しく写真は撮りわすれ。(笑)

どちらもいささかこってり味だったせいか完食できずセコンド・ピアットもパスしてデザートにすすむことにしました。

Paoloは自分の欲しいものを我々に言い残して外へタバコを吸いに行きました。

Paoloと息子は何だったか忘れましたが甘そうなデザートを、私はレモンシャーベットを注文して待っていると・・・

レモンシャーベットのみが運ばれてきました。

更に待つこと数分、Paoloも席に戻ったかと思うと時を同じくしてウエイターさんが運んできたのは・・・

ケーキ

キャッ、かわいいケーキ!チョコと森のくだもののシンプルで美味しそうなケーキ!

板チョコには「Auguri=おめでとう」の文字が。

そして金色の煙突状のものにPaoloが慎重にライターを近づけます。

点火

三人とも真剣な眼差し、ちょっと怖い気もして・・・(笑)

点火!

スリーショット2

きゃーーーー、すごーい!

今度はPaoloに近寄って、この間ウエイターさんが何枚もシャッターを切ってくれていました。^^

切り分けてもらって食べてみたら中にはチェリーのシロップ漬けも入っていて甘すぎずとってもおいしかったです。

3人で半分しか食べられず残ったのが悔しかったけれど持ち帰りを頼む勇気もなく帰ってきました。(笑)

 

なんと息子は2日前にこちらに来ていたそうです。で、仲の良い友人宅に泊まっていたそうなのです。やっぱり誕生日の当日に会ったほうが劇的ですもんね。

こんな素晴らしい演出をしてくれた二人に今更ながら愛されているんだなぁとつくづく思ったらまた涙が・・・(笑)

ベッドに入ってからも嬉しさに気持ちが高揚してなかなか寝付けませんでした。

これだから人間止められませんねぇ。^^

人生は素晴らしい!

“La vita è bella” への33件の返信

  1. Keikoさん
    とっても嬉しい忘れられない還暦サプライズパーティでしたね。
    読んでいて、私もウルウル・・

    一番愛する家族と一緒に過ごせて良かったね。

    陽介クン、男らしくなっててビックリ!
    もうクンじゃ失礼ですね^^;

    Paoloさん陽介さんの優しさとKeikoさんの喜びが伝わる暖かいお話しありがとう。

  2. Auguri!!!!!
    「Paceに行く」って辺りからもしかして・・・って思った(^^ゞ
    Paoloさんやるの~~~
    陽介君も精悍さが増して武者修行の甲斐があるみたいね。

    Paceにあんなソファー席あったっけ???
    あっ、もしかしてピアノのある方かな・・・

    まあそんな事はどうでも良くて3人の幸せな時間が持てた事が何より嬉しいです♪
    60代最初に最高のプレゼンがあって良かったね。
    改めておめでとう (^o^)//”””パチパチパチ

  3. 「絶対外で」が匂ったのですよね、何かあると当たりましたわ、うふふん♪
    こんな素敵な家族に囲まれてbellaじゃないわけがありません、肩なんか組んじゃってさぁ~、イケメンさんたちとさぁ~(←妬み嫉みの塊)
    私、Yoskeくんをナンパするべく(え?)イタリア語の挨拶ができるようになろうと思っていたのですが、路線変更、というか追加、Paoloさんにもご挨拶する!
    「Ti」の文だけでなく「Le」の文も真剣に覚えます!
    幸福とか愛とかって伝染するものですよね、ひとが幸せなのを見ていると、見ている人たちもじわじわ~っと幸せになってきます。Grazie!

  4. まさか陽介君が来てるとは思いもしなかった。
    よかったね~~~
    Paoloさん粋な計らいね。
    Keikoさんが何を一番願ってるか知ってるからのサプライズでしたね。
    家族の絆がより強くなりました。
    本当にこちらもうれしいわ。
    60歳のお誕生日、改めて、おめでとう~~~~~!!!

  5. keikoさん、お久しぶりです。
    でも、メルマガはいつも読ませてもらってるんですよ。
    今回のメルマガ、あまりにも感動してしまって、思わず書き込みにやってきてしまいました。素敵な旦那様と息子さん。本当に良かったですね。
    私も来年還暦を迎えます。うちはケーキを買ってくれて終わりかな(笑)
    どうぞ、素敵なご家族といつまでもお幸せに!!

  6. Toshiさん、ありがとう
    子供の頃から両親を喜ばすことが好きで
    息子が生まれてからは息子を喜ばすことに専念してきましたが、今回はしてやられました。(笑)

  7. Yukoさん、おはよう
    いつも座るところの奥で、昔は箱席だったところをこんな風に明るく改装したんですよ。次回はこちらに席をとりましょう。

    Paoloが怪我をしたのが幸いしたみたいですね。
    毎日ローマに行ってたらこんな計画たててる時間はなかったでしょう。(^_^)

  8. 加藤さん、おはよう
    Paoloと話す時もtuで大丈夫。
    変に敬語を使うと距離を置きたがっていると思われがちだから。
    今やLeiで話すのは法王くらいなものよ。(笑)

    外で食事と言われてもせめてそれくらいは
    という程度に捉えてました。私(^_^;)

  9. まみるさん、ありがとう

    本当に粋なはからいでした。
    まさかという思いです。今でも信じられないくらい。(笑)

    陽介は先日私が郵送したばかりのセーターやジャケットを着ていました。
    なんだか無駄遣いした感じ?(笑)

  10. わぁ、ぽろぽろさん、ありがとうございます。
    こちらこそご無沙汰ばかりですみません。
    >メルマガはいつも読ませてもらってるんですよ。
    ありがとうございます。だんだん発行の間隔があいてしまって・・・(笑)

    ぽろぽろさんは来年ですか。
    きっととびきり美味しいケーキにありつけることでしょう。
    私はもうこれで誕生日の祝はいらないと思っています。(笑)

  11. 読んでる私が嬉しくなってしまいました。

    写真拝見しながら・・・Keikoさん、とても還暦には見えないわ。
    25歳でOK!!
    おめでとうございます。

  12. わぁ、言いたいことをわかってくださってよかった。
    頭の中に代名詞がミ・ティ・リ・レ・・・と回っていて、後になってから書くの間違えたなーと思ったのでした。
    私がちゃんとご挨拶できるまでにはあと100年はかかりそうなので、PaoloさんもKeikoさんも霞を食べて待っていてください。
    あ、Keikoさん25歳なら、35年後の還暦にはもっとペラペラお祝いを言いますね。

  13. 「人間止められませんねぇ」   ちょっと大げさなだけど
    言えてますね  こんな劇的な筋書きを思い付くなんて凄い!
    日本人には無理だよ・・・僕にはに訂正
    愛に一杯囲まれて幸せなkeikoさん、おめでとう!

  14. LUCYさん、ありがとう
    でも、そこまで言うと嘘つきだよぉ。(笑)

    とにかくみんな我々が子供の頃に見ていた還暦よりわっかいよねー。^^

  15. 加藤さん、バッチリわかりましたよぉ。
    イタリア語の挨拶のフレーズに例えばParliamo del tu。(tuで話しましょう。)なんていうのがあってこちらでは余計な敬語は初対面から排斥気味です。

    こんなに素敵な誕生日はもう来ないだろうからこれ以降誕生日は祝わないことにしようと思うんだけど・・・
    もしも喜寿まで生きたとしたらその時にはまた何かお祝いしましょうかねぇ。
    17年間勉強続けられたらきっと加藤さんならイタリア語ペラペラですよ。^^

  16. 五郎さん、ありがとう

    ちょっと大げさでしたか?
    でも、私には本当に青天の霹靂、まさかまさかのサプライズでした。
    イタリア人にしてはこういうことが不器用なPaoloにしてはほんとうによくやったとほめてあげたいです。(笑)

    狛江のアパートといい、今年は素敵なサプライズの年でした。^^

  17. La vita è bella~

    素敵な言葉ですね~
    ご主人は、Keikoさんの一番嬉しい事を知っているのですね。
    これは、Keikoさんの事が大好きで
    とっても大事にされているからですね。

    おめでとう~です!!!

  18. 都さん、
    素敵なコメントをありがとうございます。

    長年一緒にいると改めて愛されているとか思わなくなってしまいますが、
    時々思い出さなくてはね。(笑)

  19. もう~、素敵過ぎです!!^^
    もらい泣きしてしまったわ。
    それにしてもPaolo さん、本当に粋な計らい、というか愛情たっぷり❤
    本当に良かったね~。
    あらためて、おめでとうございます♪
    これもKeikoさんの日頃の愛情いっぱいの賜物よ、きっと^^

    Yoskeくん、日本に来たときよりスリムになったのかな??
    髪型のせいかな?
    La Paceの雰囲気も変わったのね。
    私が食べるわけじゃないけど、ケーキ心残りだったね^^

    笑顔がいいね~、幸せな時間にもう一度
    かんぱ~い!
    (@^∇^)/∀☆∀\(^∇^@)

  20. 青花さん、ありがとう

    ひところは危なかったけれど(笑)
    年をとるとお互いに持ちつ持たれつになるのよねきっと。

    陽介は少し痩せたかもしれません、やっぱり家にいる時のようには食べないからでしょう。外食したり、作るのが面倒だったり・・・料理は好きなんだけど。

    >ケーキ心残りだったね^^
    そうなのよ。とっても美味しかったから。

  21. Keikoさん
    還暦おめでとう!
    すてき、すてき、すてき~。

    最後の写真、Paoloさんの表情、何とも言えないわ~。
    この表情は、還暦のお祝いだけでなく、今までの結婚生活への感謝の気持ちが
    表れているように思いました。

    もちろん、Keikoさんの喜びいっぱいの表情もすてきだわ。
    喜びがこっちにも伝わってきましたよ~(^_-)-☆。

    La vita è bella・・・・

    すてきな言葉。
    うんうん、私も、いつかこういう気持ちになれるように努力しなくちゃ(反省)。

    それにしても、陽介君、
    来日したときより、ぐっと大人っぽくなったわ。
    すっごくかっこいい!


    突然話は変わりますが・・・
    essere の e  の上のチョンは、パソコンでどうやって付けたらいいのですか? 教えてくださーーーい。(上のイタリア語は、コピーしたのでチョンが付いていますが^^)

  22. 矢車草さん、ありがとう

    こんな記事を書いて数日しか経っていないのに今日は喧嘩したんですよ。(笑)
    でも私は長引くのが嫌なのでゴルフの帰りにWhatsAppでチャットして何事もなかったかのような会話をしたので向こうも乗ってきておしまいになりましたが・・・

    家族って難しいですね。ま、友達なら余り大げんかするとそれっきりになってしまうかもしれないけれど。

    息子は長髪の方が柔らかいイメージですよね。
    高校生になってからはずっと丸坊主だったので日本へ行った時のほうが珍しかったんですよ。私は長髪が好きだけれど本人はくせ毛が嫌なんですって。だからいつもごく短くするんです。

    ところで、ご質問のeの上のチョンですが、日本語のキーボードではどうするのか知らないんです。それで必要なときにはパソコンの言語をイタリア語に切り替えてやっています。一応キーボード上には存在しますよね?日本のキーボードにはないのかな?
    で、日本語の時は e’ で代用しています。イタリア人にもそれで通用するみたいです。

  23. Keikoさん
    さっそく喧嘩?(フフ)。
    でも、長引くのが嫌でチャットで何ごともなかったように会話できるのって、
    できそうでなかなかできないことよ~。

    私なんて、根性が悪いから、夫が折れてくるまで待ってしまうタイプ。
    でも、あちらもなかなか折れてきてくれないので、長引いて^^、
    そのうち、なにが原因で喧嘩したのかわからなくなってしまってね。
    残りの人生、そんな長くないから、こんな無駄な時間やめてお互いに気持ちよく過ごしたいのだけど。

    何ごともないようにメールをするのって、いいアイデアね(^_-)-☆。
    Keikoさんを見習いたいわ。

    チョンは、e’ でいいのですね。
    ほんとうに勉強になりまーす。
    ついでにもう一つ^^。
    チョンの向きが違う場合があるけど(例えば、c’e’ とか)、
    これは同じチョンで構わないのですか?
    すみません。しつこくて(#^.^#)。

  24. きっと電話で直接何事もなかったかのような会話ができればもっと良かったのでしょうが自信がなかったので・・・

    うちも長引くことがありますよ。
    今回はやはり誕生日のことがあったばかりだから私もいい子になれたのでしょう。(笑)

    >例えば、c’e’ とか
    よく勉強なさってますね、イタリア語。
    はい、この場合c’はもともとこれだしe’でわかってくれるというか許してくれるようです。

    しつこくないですよ、いくらでも聞いてね。

  25. えーと・・・
    ちょっとタイミング逃しましたが、イタリア語入力でもしかしたらお役に立つかもしれない情報を見つけたのでお邪魔しました。
    MacではなくWindows情報ですが、アクセント記号のついた文字は入力できます。
    私も試して遊んでみました。
    よろしかったら皆様も是非♪

    ここ↓↓↓
    先頭に「http://www.」をつけてください。(書き込みエラー防止のため分けて書きました)
    「linguaitaliana.info/s/s002.htm」

  26. かなり遅くなりました。
    10日間程、北海道へ〜〜

    Keikoさん、おめでとうございます。

    何と素晴らしい話しでしょう。
    読んでいて素敵過ぎて、もらい泣きしてしまいました。

    家族の絆たっぷりです。
    Keikoさんにとって、本当に忘れられない1日でしたね。

    陽介君、髪型のせいもあるけれど更に素敵な男性になりましたね。
    ママンは心配ね。。。

  27. 加藤さん、どうもありがとう
    私はご紹介いただいたサイトのようにして切り替えて使っています。
    ただ私のキーボードはこちらのものなので言語を切り替えるだけ(Alt +上に並んでいる数字の1の前のキー)で簡単に使えているので日本語キーボードでの使い方がわかりませんでした。

    これを読まれたら矢車草さんもきっと喜ばれるでしょう。

  28. バッチさん、お里帰りでしたか。よかったですね。

    で、ありがとうございます。
    本当に初めて家族に感謝しました。(笑)

    息子は父親に比べるとまるで聖職者のようです。
    いつも一人の人に夢中になるのよ。(笑)

  29. 喜んでますよ~、Keikoさん(^_-)-☆。
    さすが、加藤さん~。情報ありがとう!
    こういうサイトがあるのね(フムフム)。
    ただ、夕食後の私の頭では、すぐに理解できそうもないので(ちょっとワインが入ってまーす^^)、明日ゆっくり試してみますね。
    ワインが抜けてもわからなかったら、どうしよう(不安)。

    Keikoさんのブログ、イタリア語の勉強にもなって、うれしいです(#^.^#)。

    バッチさーん、お帰りなさーい。
    楽しい思い出をたくさん作って帰られたのでしょう。
    いいな。いいな。
    いつか私もー、と思いつつ時間だけが過ぎていきます(悲)。

  30. 矢車草さん、こんばんは

    管理人の権限でお名前追加しました。
    ふたつ目のコメントは削除させていただきました。

    明日、頑張ってみてくださいね。
    面倒そうだけれど一度やってしまえばあとは簡単で便利です。

  31. Keikoさん、加藤さん

    ワインが入る前にやってみました~。
    私のパソコンはwindows8で、このサイトには例がなかったのですが、
    何度か試行錯誤のうえ(大袈裟^^)私でも操作ができるようになりました(*^^)v。(ホッ)

    で、その成果でーす。今回はコピペではありません。
    ーーまず、イタリア語入力に切り替えてーー

    La vita è bella.

    ーー日本語入力に切り替えてーー

    うれしーー(感激)

  32. 矢車草さん、やったねー。
    Brava!って先に加藤さんに言われちゃってるけれど、
    じゃぁBravissima! なんてのはどう?^^

    同じ方法で英語もプラスできるので便利ですよぉ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。