息子よ

—これは本日発行のメルマガと同じ記事なのでメルマガを受信してださっている方には重複となりますことをお許し下さい。—

 

息子よ、元気でいるの?

仕事は見つかった?

彼女とは仲良くやってる?

きちんと食べてるの?

音楽を捨てないでね。

 

いつも私が気にかけていることはこんなことかな?

順不同だけれど、たいてい心に引っかかっているのは以上のこと。

3月の初旬にアムステルダムに向かった時、約2年前の前回とはちょっと雰囲気が違っていた。

前回はあくまでもチャレンジ、いつでも白旗をあげられるし大手を振って帰ってこられた。

今回は2度めということもあるけれど、やっぱり父親とはうまくいかないという下地を再確認した上での出発。

つまり今回は何かあっても帰りづらいのだろうと思う。

もしかしたら現代っ子の息子は私のようには思っていないかもしれないけれど、

外見はしっかり父親譲りのイタリア人でも内面は胃袋を始め私によく似た子だから。

 

アムステルダムは素敵な街。

私もすぐにでも行って住みたいくらい。

でも、太陽が少ないので少しさみしい街。

イタリアの太陽に慣れて育った息子にはその辺りが一番堪えているようで・・・

でも、こればかりはどうにも手助けのしようのないこと。

 

正義感に燃えて最後の仕事をけってからは余りこれという定職が見つからず、

広場で歌っては日銭を稼いでいた息子。

それでもいいと私は思っているけれど、やはりつらいものがあるらしい。

最近になってやっとレストランに勤めだし、

(闇というか無届の仕事ならいつでも見つかるのだけれど、息子はその辺りが誰に似たのか正式に雇ってくれないところでは働かないのでなかなか就職できなかった。)

明るい声で電話をくれた。

でも、その電話、スマホが壊れたらしい。

スマホがあるとWhatsAppというアプリで、無料でチャットができるのでお互い安心していたのだけれど、

ここ数ヶ月はそのチャットも出来ず寂しい思いで暮らしていた。

一昨日、Paoloが「ついにWhatsAppがPCでも使えるようになったよ」というので早速私のPCにも取り込んだ。

そのことを息子に伝えようと今しがた電話したら息子も大喜び。

 

そして・・・

 

これから録音に行くという。

自分たちの曲を録音するために何処かのスタジオに向かっているらしい。

しかも・・・

録音を終えたらどこかのラジオ番組に出るとのこと。

きっとちっぽけなちっぽけな地方のラジオ局なのだろうけれど、

苦しい生活の中、息子が音楽を捨てないでいてくれたことが嬉しい。

なにもプロになって音楽で食べていけと言っているわけではない。

ただ、生活の環境がすっかり変わった中で、

せめて音楽はこれまでと同じように続けてほしいと思っているだけ。

音楽を続けることは自分自身を保ち続けることだと思うから。

親に似て世渡りの下手な息子。

 

すでに地元ではそこそこ有名なグループへの参加の誘いもあったというのに、自分にはレベルが高過ぎると断った息子。

時にはすこし背伸びをしてみるものだよと言ったけれど、正直でありたい息子を叱ることはできない。

今回はイタリア人の友人たちとのグループ。

きっと気晴らしにはちょうどいいのかもしれない。

嬉しそうな声が聞けて涙がどっと溢れてしまった。

いつの頃からか涙は嬉しい時に出るもので悲しい時には余り出なくなってしまった。(笑)

 

 

“息子よ” への14件の返信

  1. いろいろ含めて、よかったねーーー
    言葉が出てこないわ。
    よかった、よかった、とそればかりつぶやいてる。

    プロになるには実力だけでなく運というか他の要因も必要だと思うけど、それは自分ではいかんともしがたい、祈るしかないわ。

    今は応援するしかできないわね。
    陽介君のこと性格からすべて含めて、誇りに思っていいと思うな。
    Keikoさんをハグしたいと切に思うわ。

  2. Keikoさん
    身に染みて Keikoさんの思いがわかります。
    今は 先が見えないかもしれない。でも きっと 光の刺す日が来るわ。
    陽介くんは まだまだ若い!!

    今のすべてが栄養となって 花開く日が必ず来ます。

    同じ思いで日々涙した日があったこと 今も 鮮明です。

  3. 私が言うのもおこがましいですが、ホント良い子ですね。
    Keikoさんの子ですね。
    逃げたり妥協したり誤魔化したりしないことはとても難しいことなのに。
    いくらでも自慢していいですよ、全員で「うんうん」って聞きますから(^^)v

  4. まみるさん、おはよう

    まだね、良かったかどうかはわからないけれど、せめて息子が昨日は楽しく過してくれただろうと思うとそれが嬉しくてね。

    本当に私はプロになってくれと思っているわけじゃないのよ、どんなにか厳しい道だとわかっているつもりだから。
    でも、夢を捨てないでいてほしいと思うだけ。
    ただ夢を追って足が地に着かないといけないけれど仕事だけの人生もつまらないものね。^^

  5. hitomiさん、おはよう

    親子の間って、時には他人よりもうんと遠いかのような気がしますね。
    気兼ねがあってかえって他人よりも本心を話せなかったり、
    だから息子がどれくらい音楽に執着しているのかもわからないのだけれど、
    少なくとも前向きに何かをしているってことは嬉しいです。

    息子もこの冬には24になるのよ。
    まぁいくつになっても夢見ているのはいいと思うけど。^^

  6. 加藤さん、
    息子は本当にカチカチ頭のところがあります。
    逃げたり妥協したり誤魔化したりしないことが評価された時代に生まれてくればよかったんでしょうけどね。
    今の世の中じゃ融通がきかない馬鹿と思われそうです。

    親が結構いい加減だからにのまえは踏みたくないのでしょう。(笑)

    決して自慢したかったつもりはないのですが、電話の後嬉し涙が溢れてその勢いで書いてしまいました。

  7. もう、Keikoさん。
    気持ちが伝わってきて・・・
    皆さんが書かれていること、全て同じ思いです。

    音楽のこと。
    Yoske君の歌声、がんがん心に届いてきたよ。
    I Don’t Want To Miss A Thing もThe Zephyr Song も、もう一度聴きたいわ。
    もちろん他の曲もね。
    Keikoさんは、彼の音楽も含めて全ての可能性を信じていると思うし、
    私も信じているし、祈っています。
    うまく言えないけど、彼の想い、Keikoさんの想い、そしてそれを知る方々の想いが集まって、カタチになればいいな~って心から思います。
    何か可能性の扉が開かれることを祈っています。

  8. 青花さん、ありがとう

    I Don’t Want To Miss A Thingは青花さんがリクエストしてくれなかったら私も聞くことはなかったでしょう。<感謝>

    こんなに沢山の人に愛されていることを本人はわかっていないだろうなぁ。

  9. 本人、解ってると思うわ。
    うちも、上の子が、黙って進路変更したり、(大学うけなおした)
    下の子が、転職したり、(日本で一番のブラック企業になってしまったので)。
    様々な事があって、お互い、成長していくのかも。

    冬のアムステルダムは、ちょっとしんどいかもしれないけど、彼ならきっと大丈夫!
    そう思いますよ~~。(^o^)

  10. Keikoさん
    親の目から見ればいくつになっても子供は子供だから心配ですよね。

    でも、私と話した陽介クンは、素直で楽しくて、それでいて自然な気配りのできる青年だと感じました。
    きっとKeikoさんがきちんと育てておられるからなんだろうなと思います。

    私の持論だけど、男の子はいろいろまわり道をしたほうがいいと思います。
    その時その時で悩んだり喜んだり、人の親切が身に沁みたりして人間の幅がグンと広がって、人の心を大事にできる人間に成長できるはずと信じています。

    今、陽介クンは、その途中なんですよ、きっと。
    ママンのKeikoさんから見れば、心配の方が大きいかと思うけれどKeikoさんの気持ちはしっかりと通じていると思います。

    な~んて、エラそうなこと言ったけれど、まぁ40過ぎた息子二人を持つ先輩母親の戯言だと思って聞いてね(^○^)

    反対に娘には、あまり苦労はさせたくないわね^^;

  11. LUCYさん、ありがとう

    例えばプログループにはいらないと言ってきた時にも私としては何があったんだろう?
    なにか嫌な面を見せられてやめたのか、ほかに何かあったのか???と気をもんでいたのに自分のほうから断ったと知った時には気が抜けました。(笑)

    なんでいつも悪い方に解釈するの?って息子に言われるけれどそれが親心よね?

    LUCYさんのお嬢さんたちはどちらも自己をしっかりと持っておられるから(そのようにしつけたLUCYさんご夫妻を尊敬します)大丈夫でしょう。

  12. Toshiさん、ありがとう
    きちんと育てられたかどうかは甚だ疑問ですが、まぁ、自分たちに出来る範囲で精一杯やってきたつもりですけどね。
    他からは甘く見えるかも。

    これからも先輩母親として色々と助言してくださいね。

  13. そっかーー、陽介君も親元を離れてがんばってるんだね~。
    もちろん心配もあると思いますが、楽しみでもありますよね。
    私も、そー思う事にしています。
    これから、どんな道を歩くのか・・
    どんな大人となっていくのか・・・
    ウチも、下の息子が一人暮らしを始めて1年が経ちました。
    お互い・・・子の歩む道を見つめて行けるのは・・
    なんていうか・・
    子を持った、幸せなんだよね。きっと・・・

  14. 都さん、こんばんは~

    >なんていうか・・
    子を持った、幸せなんだよね。きっと・・・

    こう言えるのが都さんの素晴らしいところですね。
    私なんか時々若いカップルによーく考えてから子供を作りなさいね、なんて言っちゃうわ。(笑)
    もちろん幸せなんだけど辛いことも多いから。

    でも、どこかで読んだのですが、子供は3歳までに十分親を幸せにしてくれているのだから後は親がそのツケを払う番だそうです。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。