さくらんぼ

話題としては「花々わんニャン」みたいだけど、我家の庭のものではなく貰い物なのでこちらに。^^

10キロ近いさくらんぼをいただきました。

となりのエリオさんちのさくらんぼです。

木が大きくなりすぎたのでかなり刈り込みたいということで多くの枝が我が家の方に伸びてきていたのでその分を分けてもらったような塩梅です。

さくらんぼ

鈴なりってこういうのを言うのでしょうね。

さくらんぼ2

エリオさんと娘婿さんの二人がどんどん枝を切り取って運んでくるので私の手押し車が満載になってしまいました。

結構大きな枝ごとだったのをまず少し小振りにして、更にさくらんぼだけをもぎ取りました。

さくらんぼ3

誰だ「さくらんぼは双子だ」なんて言ったのは。(笑)

さくらんぼ4

もぎ取り作業は3時間程かかりました。

無農薬のさくらんぼだってことは私が一番良く知っていますからそれを洗って3等分しました。

ひとつはPaoloの事務所の方々に。

もう一つはYukoさんの泊まっているところへ、最後のは我が家に配分しました。

その我が家用ので簡単なジャムを作ってスフォリアでくるんでオーブンで焼いておやつ用にしましたが、いくつ種をとったかしら。

幸いオリーブの種を取る道具があったのでそれを使いましたが、それでも一個ずつ軽く100以上は種をとりました。

アップルパイじゃなくチェリーパイ?(笑)Paoloにも自分にも好評です。^^

さわりだけ

過日YukoさんとFumone 市にあるレストランへ行った時の写真が私のカメラ内に残っていたのでちょこっと紹介しておきますね。

Yukoさんのblogでの紹介は結構先の話になると思いますので・・・^^

前菜

魚が食べられるということで出かけた山の上の町?(笑)

前菜にはシーフードの盛り合わせ。
なんとタニシが出てきました。で、とってもおいしかったです。爪楊枝でホジホジして食べました。^^

白いのは詰め物をしたイカ。そのとなりはごく小さなモンゴウイカとグリーンピースの煮たもの。トマトが入っていなければ和食と見まごうばかり。

ムール貝のソテーとシーフードサラダの盛り合わせ。

以上が一人前の前菜でした。Yukoさんは極めて小食だし、私もこのところすごい勢いで太っているし、胃の調子も少し悪いのでこの日はすべてを一人前だけとって分けることにしました。

シーフードサラダの盛り合わせに関しては作りおきのものでさほど感激しませんでしたが、その他のものはとってもおいしかったです。

ニョッキ

プリモはニョッキのエビソース和え。合格点です。ニョッキが小さめで、サクッとしていて美味しかったし海老のソースも満点でした。

タイ

セコンドはタイの包み焼きシーフード添。

これも絶品でした。タイは新鮮で、包み焼きなので旨味が残っていて味付けも繊細でした。

一人分

付け合せの野菜と共に取り分けたところ。

 

チコーリア

付け合せはチコーリアのソテー(先にゆでたものですが、自分では直接ソテーにします。そのほうが風味が残って美味しいから)

 

ソルベット

デザートにはレモンのシャーベットにリモンチェッロをかけたもの。手作りで柔らかくて美味しかったぁ。

この日のワインはグレコ・ディ・トゥフォ、白では一番好きなワインかも。

二人で

本当に山の上なんですよぉ、ご覧のとおり。

で、さわやかな風がずっと吹いていてとっても気持ちよかったです。

Yuko

結婚式などにも使うレストランなので庭が広く、よく手入れされていました。

滝の前で

この後ろには週末のみ滝が流れるそうです。

ツーショット

若い美男を逃さないYukoさん。^^

この後併設されているホテルの部屋も案内してもらいました。
そのホテルのスイートルームは「TOKIO」と「New York」という名がついていました。

この後、隣の県の大型スーパーで買い物をして我が家へ。

オットと オットにマッサージされているYukoさん。

私は台所にいます。

夕食

そのスーパーにきれいなマグロがあったので買ってきました。
魚売り場の方が「これは生で食べられますよ。」とおっしゃるので
「そうですよ。」と答えたら変な顔をしていました。(笑)

でもわさびじゃなくて生姜醤油で頂きたかったのでさっと炙りました。Paoloは生のほうが良かったのにと言っていましたが。

あとはYukoさんの好物のグリーンアスパラ、残念ながら我が家で採れたのではありません。

Yukoさんがおみやげに持ってきてくれた明太子で米粉で出来た春雨を和えました。パスタよりあっさり軽めでPaoloにも好評でした。

他にはウイキョウ(Yukoさんが召し上がったことがないというので前日サラダで頂きました。)の薄切りの上にタコのカルパッチョとモッツァレラチーズ、黄色くて丸いのはメロンです。

夜のワインはこの地方特産のパッセリーナワイン。さっぱりしています。

Paoloの帰宅が遅かったので食事が終わったら10時半を回っていました。

シチリアへ

Yukoさんファンの皆様、

Yukoさんはセーニの滞在を終えて今朝、シチリアに向けて出発なさいました。

今日からは同行者ができるようです。

では、これからは私も皆様と一緒に彼女からの報告を待ちましょう。

とにかく体調はバッチリのようなのでご安心下さい。

作ってみたよ

先日ご紹介したアグレット。

3日前に作ってみました。

agletti

まず掃除に結構時間がかかりました。

おそらく大雑把にえのき茸のようにした1/3位を切り取ってしまえばいいのかもしれませんが初めてだったので細い野菜を1本ごとにやわらかなところを手でちぎってという作業だったのでテレビの番組を見ながら延々と続けました。(笑)

その後3度洗って(見た目はきれいでしたが結構砂がでました。)、塩ゆでしました。

繊細な外見とは異なり結構ゆで時間がかかりました。

茹で加減を味見した時にほうれん草の風味に似ていることを発見。

そこで、先日頂いた酢での味付けとは別にマヨネーズとお醤油で食べてみることにしました。

なんとこれが大ヒット!

そこで1/3をマヨネーズとお醤油で、残りをすし酢(ミツカンの合わせ酢がイタリアでも手に入るようになりました)とレモンを混ぜたもので味付けしていただきました。

どちらもほんとうに美味しかった。

Paoloも喜んで食べていました。

彼は多くの男性群と同じで余り野菜が好きではありません。だからコントルノ(添野菜)に苦労しますがまたひとつチョイスの範囲が広がりました。ただし、この野菜今の季節のみということで残念です。