静かなる革命?

日本でも報道されているかと思いますが、
24日イタリアで上院(Senato)下院(Camera)の総選挙が行われ、
なんと全く新しい党が大勝利を収めました。

政党という呼び名ももしかしたらふさわしくないかもしれない全く新しい動きです。

Movimento di Cinque Stelle 5つ星の動き と訳せましょうか。
このグループを率いるのは Beppe Grillo (ベッペ・グリッロ)という方で、
職業はコメディアンです。

Beppe_Grillo
Beppe_Grillo



でも、ここで日本の吉本系のコメディアンのイメージは払拭してください。
彼は私が来伊した85年にはすでに今風の話し方で、熱っぽく世評を風刺していました。
今、ざっと彼の履歴を見てみたら、1978年から日本のNHKに当たるイタリア国営放送で、
人気番組の司会を先輩とともにつとめ始めたそうです。

その国営放送に出演中(15/11/1986)に、社会党員は皆泥棒だと聞こえるようなコメントをしたということで
それ以来出演を禁止されその後は活動を舞台へ移すことになるのですが、
その生の舞台で、さらに民衆とのコンタクトが密になり、
彼の政治、世相への辛辣なコメントゆえに更なる人気を博すことになるのです。

テレビにはあまり顔を見せなくても知る人ぞ知るベッペ・グリッロでした。
コメディー風に世評や政治家たちを風刺するためには十分に勉強しなくてはなりません。
そうでなければ何十年も続かないはずです。

その彼の意見・意欲に賛同する友人たちとともに、2009年、この運動グループを立ち上げました。

すでに昨年の地方選挙ではこの5つ星の動きから4人が市長に当選し、
彼らが自転車で市庁舎に出勤するなどし、余分な経費の削減を体現しています。
また、シチリアでは同グループの市議会員たちが給与の70%を返上してそれで基金を作り、
中小企業の救済に当てています。

グリッロの主張はわかりやすく、我々庶民を惹きつけます。
今までの国会での質疑応答ではたとえば
-1999年の12月に制定された法令123の第3項の5条が改革され、
先月採決された第8条に変更になったことについてのご意見を伺います・・・とか何とか
テレビの国会中継を見ていても全く意味がわからない状態でした。
政治家ではなく政治屋がまるで俳優のように政治ごっこを演じていたという感じです。

政治屋と言いましたが、イタリアではどんな政党でも
どんなあほらしいスローガンを掲げたつまらない政党でも
一定の署名を集めた政党なら選挙費用として1億円が支給されるのです。
その選挙費用を5つ星の動きは拒否して自力でこれまで戦って来ました。
費用がないので、ポスターもなければ
他の政治屋と同じ舞台での演説を嫌って、一切テレビ番組での主張もなく、
ただひたすら「津波ツアー」と呼ばれるグリッロの街頭演説だけで運動を薦めて来ました。

先ず彼らの運動に注目したのはヨーロッパの他の国のメディアでした。
スイスやスエーデンの報道機関がグリッロにつきっきりで何ヶ月も取材をし、
グリッロの意図するところを世界中に報道し始めました。

イタリア国内のメディアといえば、相変わらずグリッロが首相になりたいのか、とか
左右どちらの陣営に属するつもりなのかとか、およそグリッロが考えもしないような質問ばかり。
しかも、集会を開くたびに、何十万という動員数があるにもかかわらず、
テレビの画面にはグリッロが顔を火照らせて、毒舌を振りまくというような画像ばかり。
その演説を聞いている何十万の人々の姿は一切報道されないままでした。
そのことをグリッロが集会で話をし、観衆たちがカメラマンにこっちも映すようにと叫び、
カメラが観衆に向けられた途端にテレビにはCMが流れたという逸話もあります。

グリッロは2000年からblogを運営し、イタリア国内で一番アクセス数の多いblogとなっています。
つまり、インターネットを最大限に活用して活動しているので
今度の選挙戦でも賛同者の一人がいつも彼に付随してすべてをLIVEで報道し続けました。
ですからグリッロの活動は今やイタリア国内だけの現象ではないのです。
ヨーロッパ中が彼の活動の行く末を見守っています。
そして一般市民に明るい希望をもたらしているのです。

MoVimento_5_Stelle_logo
MoVimento_5_Stelle_logo



今回の総選挙で、なんと 5つ星の動き は、全体の約30%の票を獲得しています。
今、イタリア国内で一番と二番の政治グループは、PDL中道右派とPD中道左派
極左や極右がないのなら中道といいう呼び方は意味が無いと思えるのですが、
イメージを重んじてか今も中道という言葉を必ず前につけています。(笑)

とにかくその中道左派と中道右派とが政権をずっとピンポンのごとく交代して遊んでいたわけです。
しかも彼らは連立です。
単一の政党としては上院・下院ともに 5つ星の動き が単独一位になりました!
イタリア国内で一番勢力のある政党、いえ、運動 になったのです!

現実問題としては左翼も右翼も連立して来るので5つ星の動きがすぐさま政権をとることはありませんが
与党にとって、ものすごく手強い野党であることははっきりしています。

地方選でも、イタリア全体の1/4にあたる6つの選挙区で勝利を治めています。

5つ星の動き の代表者たちに怖いものはありません。
彼らには守るべき地位も報酬もないからです。

昨日まで、教鞭をとっていたひとや、研究所に閉じこもっていたひと、
お店のキャッシャーをしていたひと、工場に務めていたひと、
小さな工場を営んでいたひと・・・・
こんな普通の人達が同じような境遇の人達の声を代弁するために議会へいくのです。

「一夜開けてて代議士になった感想は?」などインタビューされていた方が
「私は代議士ではありません。代弁者です。」と答えていました。


ご存知かどうか知りませんが、イタリアのごく一部の人達の報酬は信じられないくらい多額です。
警視総監の報酬がアメリカの大統領よりも多いと聞いて愕然としました。
2年半代議士を努めると一生涯月に何百万円という年金を受け取ることができるのです。
こんな有様だから、政治家ではなく政治屋が登場するのでしょう。

ECの中でも多額の負債を抱える国の一つになっているというのに
その辺りの制度を変えることが今までできないできました。
ベッルスコーニが議員の削減や報酬の削減を訴えていましたが、
プライベートな問題で追い出されてしまい、左翼系からはそんな声は全く聞こえて来ません。

左翼は庶民の見方というのは随分昔の話になってしまったようです。

労働組合は自分たちの務める会社の行く末を心配するのではなく、
今あるところからいかに搾取できるかということに頭を悩ませ、
仕事の出来ない同僚をかばうことや、終業時刻には即刻会社をあとにすることに専念しています。
終業時刻に仕事をやめて、それから手を洗い着替えをしてタイムカードを押すのではなく、
その時刻までに着替えを済ませ、出来ればコーヒーものんだあとで、
タイムカードのマシンの前で列を作って終業時刻がやってくるのを待っている
そんな会社を私自身が目撃しています。
その会社は・・・倒産しました。
それでは元も子もないでしょうに。

こんな間違った考えから脱却することもグリッロが訴えていることの一つ。

また、メイド・イン・イタリアと言いながら
例えば外国からオリーブオイルを輸入し、そこにイタリア産のオリーブオイルを
数パーセント混ぜて1リットルに就き1ユーロ高く輸出する。
もしくは安い値段で国内で販売するものだから国内の優良な質のオイルが非常に高く感じてしまう。

これはここ10年くらいの出来事で、私自身、急にエクストラ・バージンのオイルが安くなってびっくりしたものでした。


こういう細かな話をしていたは終わらないのでこれくらいにしますが、
ごく一般の庶民の気持ちを代弁してくれるグリッロ。
気の毒に今日も報道陣たちに取り巻かれ、まるで拷問のような質問攻めに合っていました。
何度も同じようなつまらない質問をし、彼の堪忍袋の尾が切れるのを待っているかのようでした。
今日のところは彼は本当に辛抱強く対応していましたが、テレビを見ながらハラハラしました。(笑)


5つ星の動き の勝利が確立して約一日が過ぎ、他の大きな政党の姿勢が早くも変わりつつあります。
先ず、当初は5つ星の動きを無視していたのに、今は彼らに理があると言い・・・
できるなら連立政権を持ちかけたいとも・・・

さて、どうなることでしょう。
政治というのも一種の職業なのだから素人には無理だという声もあります。
また、グリッロは誠実でも、要員が増えてくればグループの規律にそぐわないメンバーも出てくるかもしれません。
これからが本当に試練の時でしょう。
でも、もしも彼らの主張することが半分でも実現すれば「イタリアは生まれ変わることができるかもしれない」
という皆が諦めかけていた夢を持たせてくれています。

選挙戦の最終日、ローマのサン・ジョヴァンニ前の広場には約100万人近い人達が押し寄せました。
息子もその中の一人でした。




“静かなる革命?” への2件の返信

  1. Keikoさんいよいよイタリアにも新しい波が来ましたね。
    一ヶ月くらい前イタロ先生がこの方の報道文書をコピーして持ってきてくれました。
    興味深く読んでいたところでした。
    イタリアの国会議員が1000人近く居ると言う事にビックリ!
    人口が倍の日本より多いなんて!
    新しい波に期待しつつあのおおらかなイタリア気質がなくならない事を願うのは部外者の勝手ですね(^^;
    暮らしやすい国になる事を願っています♪

  2. Yukoさん、ご存知だったのね、嬉しいです。
    私はあまり新しい動きに即座には反応しないのですが、
    息子が毎日のように色々と教えてくれてだんだん本気になって来ました。

    >暮らしやすい国になる事を願っています♪
    本当に日本に比べてうんと暮らしにくい国ですから。
    でも、イタリア人気質を失うことは絶対にないから安心してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。