聖ピエトロとパオロ

イタリアには全国的な旗日以外に、各市だけの休日があります。
それは各市の守護聖人に捧げられた日。
ローマは聖ピエトロとパオロのお二人が守ってくれています。^^

そこで、今日6月29日はローマ市の休日です。
ローマ県ではありません、あくまでもローマ市のみ。

そして、そういう聖人の日は同じ名前を持つ人たちにとって、誕生日と同じような日に当たります。
つまりうちのPaoloも今日はオノマスティコと言って第2の誕生日のような日になります。
皆がそれを知ると「おめでとう!」という日なのです。

うちのPaoloの本名はPaolo Michere Giuseppeなので、誕生日以外にまだ3回も同様な日があるわけで、つい忘れてしまいがち。(笑)

今日もすっかり忘れていたのですが、朝ゴルフに誘われてOKを出したあとにPaoloがOffだと知り、海か湖に行くというので、私もゴルフ灼けで両腕とふくらはぎのみが真っ黒であとは真っ白という状態を少し緩和しようと一緒に行く事にしました。
そこで、誘ってくれた友人に再度電話をしたらご主人が出て「今日はローマは休みだよ聖ピエトロとパオロの日だからね。」と言われてはっとしたわけです。

この電話をPaoloの目の前にしていたので、幕内はすでにバレていて今更という感じでしたが、一応電話を切った時に「おめでとう」といっておきました。(笑)

昨年は一度もどこにも泳ぎに行きませんでした。
水があればどこでも泳いでいた我々家族にとっては記録的な出来事です。
息子は友人たちと何度か海へ行きましたが、
Paoloは盲腸の手術があったり、昨年はおかしな夏で天候が変わりやすかったこともあり、
私はゴルフに狂っていたし、我がゴルフ場はこのあたりでも少し気温が低いので過ごしやすく、
わざわざ海などへ行こうとは思ってもみなかったのでした。

とにかく今朝はさっと行き先が決まり、カスレルガンドルフォ湖へ行く事にしました。
あまり得意ではないスクーターの後部座席にのって一緒に湖に行ったこと、これが今日の
Paoloのオノマスティコへのお祝いかな?(笑)

うの花





日本を遠く離れて暮らしているのに、こんなご馳走を頂いています。

ご存知のようにネッともさんのYukoさんがほぼ年に一度、
今回は半年の間隔で戻ってきて下さって、
その都度、彼女自身はもとより、hitomiさんとまみるさんがなんだかんだと託してくださるので
いながらにして日本の味を味わっています。

うの花には乾燥のレンコン、ごぼう、しいたけ、切り干し大根、ひじき、
人参フリーズドライの薄揚げ、もちろんこれらも日本からやってきたもの、
そしてたまたま昨日息子が庭でとってきた破竹たけのこを入れて煮ました。





日本に家族のいない私にとっては彼女たちの心遣いが唯一の日本との架け橋。
いつもありがたいと思いつつあまり公言するのもどうかと思って控えてきましたが、
一度ぐらいこうしてお礼を言ってもバチは当たらないと思います。

3お姉さま方、本当に有難う。


そして、もうひとつ。
この2年間、ほとんどPentaxのデジイチで撮影してきましたが、
一緒に買ったCasioのハイスピードカメラでゴルフスイングなどを撮っていたのに、
レンズが出てこないという故障になってしまいました。
そこで、またおなじ機種の新しいタイプを買ってきてもらったのでここ数日はそのカメラで色々と撮っています。
上の写真もそのCasio Exilimでとったものですが、いかがですか?
なかなか綺麗にとれていると思いませんか?
ベストショットでのオート撮影なので私の技量は全く関係ありません。
すべてカメラ任せの写真です。
素晴らしいでしょう?
まだ取扱説明書を読破していませんが、なんだか盛りだくさんの機能がありそうです。
デジ一を使いこなせずにいる私の強い味方になってくれそうです。^^