メキシコ人よー

今日はなんとなく、上下とも真っ白な服を着て庭仕事をしていました。
それをみたPaoloが「メキシコの農婦みたい」といったので、
「それなら」と麦藁帽子をかぶったところを、息子がパチパチと撮ってくれました。(笑)
オットが一緒に入ってくれて、こんなこともまたいつかいい思い出になることでしょう。



この後、庭でゴルフの練習をして、きのう買ってきたボールと
もともとあったのを足して30数個あったボールが今は17個しかありません。
草刈をしたら出てくるかな?(笑)

プラスチックに穴の開いたボールは優れものです。
当たったときの感触が本物みたい。
これならご近所にも迷惑かからないしね。
実は10日ほど前に勢い余ってボールが
隣のエリオさんちの納屋にぶつかったみたいなんです。
ぎゅーんと飛んでいって見えなくなって、そのあとでバチャンという感じの音がしました。(汗)
すぐに謝りに行こうと思ったけれど、
今は暑いせいかエリオさんもほとんどおられなくてまだそのままなんです。(滝汗)

手術室に5時間!

簡単な手術だとたかをくくっていたのですが、
なんと11時半から4時半過ぎまで優に5時間も手術室に入っていました。

手術は午後だと聞いていたので今朝はゆっくりというか
私は昨夜眠れなかったので寝坊してしまったので、
起きてすぐに電話をしたらすでに手術室に行ったらしく応答がなかったので、
Paoloと二人であわてて駆けつけました。

すると案の定すでに手術室に入って30分ほど経っていました。
きっと同室のかたたち、息子の手術の前に親が来ないなんて・・と思っていたでしょうねぇ。
事前にでんわをくれるかとおもっていたけれど、きっと彼にとっても突然だったのでしょう。

とにかくそれからはただ待つばかり。

途中で、執刀しているとばかり思っていた若手の先生に廊下ですれ違ったので、
「先生が手術してくれると思っていました。」と言ったら、
「医長がやってるから大丈夫、安心していなさい。」とのこと。
ここの耳鼻咽喉科の医長は学会でもよく講演を頼まれるし、
ご自分で研究した治療法などもある、
その世界では有名な方なのだと今日知らされました。
こんな田舎町の公立病院にそういう方がいらしたとは幸運でした。

そのときにまだ1時間半はゆうにかかると聞いたので、
その間にPaoloと急いですぐ前のPizzeriaで切り売りのピッツァで昼食を済ませました。

でもそれからのほうが長かった。(笑)

手術室から出たばかりのところにある廊下のいすに座って
数独をしたり、ゴルフのルールの勉強をしたり・・・
Paoloは30分おきにコーヒーを飲んでタバコをすいに下の中庭に通っていました。(笑)

やっと出てきた息子は血の気がなく、とっても疲れている感じ。
そして目から一筋の涙が流れていて驚きました。
痛みで泣いたことなんてない子なのに。
かなりつらい思いをしたのでしょう。

話すことも億劫なので帰ってくれといわれて致し方なく病院を後にしました。


そして夜の8時過ぎ、もう一度見舞いに行ったら
今度は起き上がって「おなかがすいた」とぼやいていました。(笑)
鼻の手術だったので、鼻をガーゼでふさがれているので、
いつものようには話せませんが、それでもガールフレンドに電話をしたり、
かかってきたのを受けたりしていました。

看護婦さんは今食べると麻酔の関係で戻すかもしれないということでしたが、
戻してもいいから食べたいと言って、
おそらくは朝食の残りの食パンを何もつけずにかじっていました。
とことんおなかがすいていたのでしょう。

見かねた父親が、また前のPizzeriaで、ポテトののったPizaaを買ってきました。
私は看護婦さんの指示に従ったほうがいいと思いましたが、
父親の愛情と母親の想いとは若干違ったのでした。

今頃戻して苦しんでいなければいいけれど・・・
食べているときは幸せそうでした。(笑)

早ければあさってにでも退院できるということです。
その後は通院ですむようです。
皆様ご心配をおかけしました。

病院通い

今年は病院へ行く回数が多い年です。
私が追突にあったのを皮切りに、
息子が副鼻腔炎で入院し、
さらにPaoloと息子が2度ずつバイクで転んで救急病院へ。

そして今日、息子は明日の手術を控えて再度入院しました。
その息子を左腕全体をギブスで固めたPaoloを伴って見舞いに行ってきたばかりです。
お昼前には息子を連れて病院へ入院手続きに行っていたので、
もしもPaoloが元気だったら一人で行ってもらったところですが・・・

そのPaoloの救急病院への付き合いも
最初のときは息子が連れて行ってくれましたが、
今回は2回にわたって、(検診の日にギブスの技師がいなかったので)
それぞれ半日ずつプラスチックのいすですごしました。
数独をもっていってたから退屈はしなかったけれど、
精神が落ち着いていないせいか簡単だといわれるものさえちっともできませんでした。

息子はお年寄りに挟まれた3人部屋に入りました。
今夜は眠れるかしら?

面会に行ったら中のよい友達に囲まれて病院の玄関のベンチで歓談していました。
明日の午後には手術です。

写真館の一新

久しく写真館の更新を滞っておりました。

サムネイルを作って大きな画像へのリンクをはって・・・
写真館の運営は通常のHPでは結構手間がかかります。

でも、blogなら簡単ではないかと思い
ここにもうひとつイタリアからボンジョルノのblog
「イタリアからボンジョルノ 写真館」を追加します。

今まで撮りためたものはもちろんですが
これからは撮った写真の入れ物ができているので簡単に更新できると思います。
のはずですが・・・(笑)

写真の大きさは基本的には800×800とし、
もっと大きなサイズを DL ご希望の方は「壁紙館」でお願いします。
すべての写真が「壁紙館」に登録されてはおりませんが、
登録済みのものはその旨ご案内するようにいたします。
ただし最近のもののみ、でないと検索が大変でしょうから。(笑)

ゆっくりな更新になるかと思いますが
お好きな写真が見つかったらどうぞご遠慮なく DL してください。

各カテゴリーのTopにサムネイル=ギャラリーを設置する予定ですので、
検索に使っていただければ幸いです。