石段の温泉街

翌朝は、布団をたたみに来てくれた方の声で目が覚めた。

いや、正直に言うとその声に目を覚ましたまみるさんたちの気配で私は飛び起きたのだった。

適度のお酒と心地よい疲れと、マーサージやカラオケで、心も開放されたようだ。

いつもなら枕が替わるとごく浅い眠りにしかつけないのに、この夜は熟睡したみたい。

てきぱきと布団が片付けられるとほぼ入れ違いに朝ごはんが運ばれてきた。

朝食朝食朝食

朝食朝食朝食

朝から大変なご馳走で、とても全部は食べきれない。

中でもおかゆと温泉卵とたくさんのお漬物がが私にはうれしかった。

朝食のあとはまたひとっぷろ。

今回も貸しきり状態で、昨夜とは違うさらに大型の浴場へ。

昨夜の風呂もここも、露天風呂がくっついていてゆったりと開放感を味わった。

へアドライヤーーがたくさん並んでいたので髪も洗ってさっぱり。

さて、10時のチェックアウトぎりぎりに帳場へ。

お勘定をするときに女将さんが見えて、お孫さんの相手をしながらも、荷物はまだ置いていていいこと、有名な石段のほうの観光が終わったらいつでも小型バスでhitomiさんの車を止めてある駐車場まで送ってくださることなどを説明していただき、われわれは身軽になって、安心して伊香保温泉の観光へと足を進めた。

伊香保伊香伊香保

写真はひだりから順に源泉、与謝野晶子の歌を刻んだ石段、干支を埋め込んだもの。

まだ温泉街の町は眠りから覚めやらぬと見えてしまっている店が多かったが、まずは三百数十段の階段を征服して、頂上の伊香保神社に行かなければ。

階段の途中から振り返ると白根連山であろうか、雪をいただいたすばらしい展望!

榛名

何度も途中で息を整え、やっと頂上にたどり着いた。

伊香保神社

 伊香保神社2 御手洗の水はご覧のとおり。

伊香保神社

お手植えの松 この松は明治天皇の御手植えによるもの。

小さな境内だが、空気の清浄さが、気を引き締めてくれた。

ご本殿 ご本殿とそこからの眺め 展望

さて、今度は三百数十段を下ることになる。

が、のぼりのときに目をつけていたお店が開業し始めたので、まずは温泉饅頭を。

近くにお住まいで珍しくもなかろうがhitomiさんのお宅へのお土産に。

もちろん味見をしてみたら、何とまぁおいしいこと。

出来立てのおいしさはまた格別!

伊香保には夢二の博物館もあるということだが、今回はほかへ行きたいので、ここで夢二関連のものや、重いのに鉄瓶などを買った。(笑)

なくてもなんら支障はないものだが、あると心が潤う、そんなものがあるものだ。

丸22年ぶりの日本、どうも和風のものを見ると財布の紐が緩んでしまう。

小さなたわしも買った。

たわしなどと笑われそうだがあれば便利、同行者たちに「たわしを作るのって大変らしいわよ」などといわれるとますますほしくなる。

さて、有名な伊香保の石段も征服したし、お土産も買ったので、宿に戻って荷物をとり、水沢のほうへ降りていくことにした。

4人しあわせな熟女4人、純和風の宿の玄関先にて。

17/02/2010 Keiko


いざ行かん伊香保へ

昨夜の大阪オフ会で、予定していたオフ会はすべて終了。

残す数日はいつもの仲間たちと心置きなく過ごすおまけのようなもの。(笑)

初めての方に会うのもどきどきとした楽しみがあるが、

気心の知れた仲間との温泉旅行、これは魅力だ!

イタリアにもたくさんの温泉はあるが、日本の温泉とは雰囲気が違いすぎる。

イタリアのは温水プール。

水着を着けて入って、文字通り中ほどでは泳ぎ、周囲ではふちにつかまって休んだり、ちょっとした張り出しに腰掛けて休むというもの。

外に出れば日向ぼっこをするか、健康食での腹ごしらえ。

とにかく温泉=健康・美容の図式が出来上がっている。

もちろん日本の温泉も健康にはよいのだが、そこでの過し方はあまり健康的とは言いがたい。

遅くまで飲んで食べて・・・温泉=宴会の図式が出来上がっていると思う。

それが好きだ。(笑)

人間時には羽目をはずしたい。

羽目をはずすにはもってこいの場所が温泉だと思う。

この感覚を海外へ持っていくと、とても嫌われるのでご注意を。

数ある日本の温泉の中で、今回は私がひなびたところという希望を出したのと、

帰りの飛行機が成田からの出発なので、関東圏内ということで決めてもらった。

また、できればhitomiさんのお宅にもちょっと寄ってみたいと思っていたので、

それならと伊香保温泉に決まった。

hitomiさんは昨年中にもロケハンに行ってくださり、お正月もそこで家族と過ごされた。

私を迎えたときのためにそのあたりをずいぶんと詳しくサイトで、あるいは実際に下調べしておいてくださったのだ。

伊香保温泉は、規模は小さいけれど周囲に見所も集まっていて、比較的近くていいところ。

19日、まみるさんのご主人と新神戸で涙の別れをした。

自分でも驚いたが、泣けて仕方がなかった。

まるで家族と別れるような気がしたから。

数年前にイタリアでお目にかかっただけなのに、今回2度目にお目にかかっただけなのに会った瞬間から、無防備で何でも話せるお兄さんのような気がした。

そして実際、家族のようにわがままを言い、お世話になったのだった。

何をお願いしても嫌がるそぶりなど微塵もなく、いつも笑顔で応えてくださった。

冗談を言いながら、かいがいしくパンなど焼いて下さって、神戸の観光や、JRへの送り迎えも何度もしてくださった。

「ありがとうSさん、またいつかきっとイタリアに来てね。」

さてhitomiさん、まみるさんとの3人で新神戸から東京へ。

米原浜名湖

途中米原付近にはたくさんの積雪が残っていた。が、この日の天気は快晴。右は浜名湖。

駅弁を買って社内で楽しくお昼ご飯を済ませ、上越新幹線のホームでYukoさんと合流。

Yukoさんはすでにホームで待っていてくれた。

乗り場 (こんなところもイタリア人に語って聞かせたい。)

上越新幹線 上越新幹線は2階建て。

私が大きなトランクをもっているだろうとのことから今回は下の段に。

ただし下に降りるにも階段を下りなければならず、上でも同じだったことが判明。(笑)

しかも大きなトランクはまたしても宅配ですでにhitomiさんのお宅へ向かっている。

日本は便利。

イタリアではこんなサービスは望めない。

頼んだとして、莫大な費用がかかり、到着には何日もかかるだろう。

有名なクロネコの宅配が中国に進出したという。

早くイタリアも進出してくれますように。マンマンチャン・アン

hitomi・まみる窓ガラスに映る二人、いいでしょう?

Yuko・Keiko こちらは生で。

4人揃って高崎に着いた。そこでローカル全に乗り換え前橋へ。

前橋駅にはhitomiさんのご主人が車を届けに来てくださっていた。

帰りはジョギングをなさるとかでスポーツウェアでの登場だった。

ご主人とはまた明日、ゆっくりお目にかかることになっているので、
われわれは挨拶もそこそこにhitomiさんの運転する車に乗り換えた。

ここからhitomiさんは40年来の運転暦を生かし、伊香保温泉まで連れて行ってくださる。

これも荷物や、私たちの楽なようにと計らってくださったこと。

渋川からも伊香保温泉行きのバスは出ているのに、ありがたいことだ。

おかげで翌日もあちこち見学することができた。

温泉に行く手前で、水沢観音に立ち寄った。

神社神社2

神社3神社4

典型的な神仏混淆の神社で、稲荷や鳥居があるかと思えば仏像が並び、大きな鐘もあった。

われわれも拍手を打ったり線香を上げたりと忙しい。(笑)

その神社の前に出ていた店で、漬物や、菓子類を味見し、買い物もした。

さて、温泉に着いたら、まずはひとっ風呂。

そして風呂から上がると程なく料理が運ばれてきた。

これこれ、これですよ。

最近は和風旅館でも、食事を決まった部屋へ出かけていってとるところが増えているようだが、絶対に自室がいいよねぇ。

他人の目を気にせず、ゆっくりとした気分ですごせるから。

要は私はわがままなのかなぁ?Keiko

食事食事2

食事3食事5

ほろ酔い加減で、おなかもいっぱいになったころ、更なる幸福を求めてマッサージさんをお願いした。

運良くお二人がすぐに来てくださって、40分ずつ2交代でして下さることに。

それでよく休めたかって?

とんでもない!

マッサージが終わってからカラオケに出発!

カラオケ・・・

なんとイタリアでもカラオケは「KARAOKE」と呼ぶ。今や国際的な言葉。

でも、日本のカラオケの進んでいることには驚いた。

カラオケカラオケ2

12時までという約束で存分に気持ちよく歌わせてもらった。

存分でない人も約1名いたけれど。^^

こうして女4人の脅威の夜はやっと幕を閉じたのである。

16/02/2010 Keiko


大阪のミナミとキタ

大阪ではなんばや心斎橋、道頓堀といった市内の南側の繁華街を一口に「ミナミ」

そして梅田、大阪駅近辺などを「キタ」と呼ぶ。

キタはほとんどが大きな建物内に納まっていたり、地下街であったりするが、

ミナミはまだ商店街が軒を連ねている。

大阪を案内しろといわれたらやっぱり特に昼間はミナミのほうがにぎやかでそれらしいだろう。

地下鉄御堂筋線でなんばまで行き、そこから地上に出て戎橋筋を歩き始めた。

この戎橋から心斎橋へとつながっているのである。

大阪八百八橋といわれるほど、大阪にはかつて橋が多かった。

今では川が埋め立てられて橋そのものはかなり減ったが名前はそのままに残っている。

賑橋のすぐそばに大阪新歌舞伎座が桃山作りの威容を誇っていたが、

昨年の9月で閉館されていたということを知らなかった。

2010年の夏にはもう少し南側の上本町というところに新築される13階建のビルの中に納まってしまうようだ。

さて心斎橋、平日だというのにこの賑わいはどうか。おおさか1

おおさか2 そして途中を横てに折れると法善寺横丁。

この奥に水掛不動さんが・・・        おおさか3おおさか4

道頓堀の川は両岸が再開発されてきれいになっていた。おおさか6

でもここの名物は今もこれ!おおさか8

おおさか7 近くには撮影しやすいようにこんな偽者?も。^^

心斎橋筋で、また少しイタリアへのお土産を買い、そろそろキタへと向かうことにした。

オフ会の約束は5時だが、少し早めについておいたほうが安心だ。

梅田から会場の梅田スカイビルまでは徒歩でも10数分なのだがミナミで結構歩いたので疲れていたわれわれはタクシーにのった。さすがは大阪の運転手さん、そのままお笑いの高座に立てそうな方だった。(笑)

むかしからキタはミナミより洗練されていたが、駅周辺の再開発でますますそんな雰囲気がしている。

スカイビル(大阪スカイビル)スカイビル2

何でも空中のVの字になっているのが最上階173mへのエスカレーターらしい。

でもそんな近代的なビルの地下には、ここでも昭和時代が再現されていた。

昭和昭和2

昭和3

誰だかわかるかな?(笑)

オフ会の会場は、この地下にお好み焼き・鉄板焼きの店があり、昔ローマにこられたことのあるメルマガの読者の方の意見ですぐに決定してしまった。

関西人でお好み焼きが嫌いな人を探すのは難しい。^^

われわれは開店前にすでに集合していたので、お店の方をせかして中に入れてもらった。

店の奥を陣取って、すぐにワイワイがやがや。

関西人の特徴なのだろうか?

それともイタリア好きの方だからだろうか?

滑り出しから一瞬たりとも声のやんだことがない。

今思えば自己紹介はおいおい集まるに従ってすでにすんでいた。

気楽な場所で、おいしい食べ物と好きな飲み物と

なんといっても話の合う友達が集まればこれ以上の楽しさはない。

大阪オフかい

ひとしきり食べてしゃべって、そろそろ場所を最上階へ移そうということになった。

先に写真で見たあのエスカレーターを上って地上173メートルのところから大阪駅周辺の夜景を眺める。

これも今夜は欠かせないイベントのひとつ。(笑)

まずエレベーターに乗り、上のほうで別のエレベーターに乗り換え、その辺りで入場料を払い、

さらにあのエスカレーターで上り詰めて・・・スカイビル5

すると目の前にこんな夜景が・・・

夜景

それを楽しむ仲間たち夜景2

幸いにもこの夜は風がなく、地上173メートルの高さにいてもつらくはなかった。

こんなところへは、こんなことでもなければわれわれの年恰好の人間は来ることもあるまい。

関東に比べればまだまだ高層ビルといってもかわいいものだが、
みんなきれいな夜景に大満足。

本日黒一点のミスターTは、この屋上への入場の割引券を早々と用意してくれていたし、上に上ってからもいろいろと説明してくれたりして立派にナイトの役目を果たしておられた。

そのナイトによる美女8人衆。(笑)

大阪オフ

さらに、ここから少し降りたところにカフェテラスがあったので、みんなデザートを取った。
おいしかったぁ。

ここでもひとしきりおしゃべりをして、いよいよ解散。

京都へ帰る人、泉州方面の人、神戸の先の人・・・

ありがとう、みんな気をつけて帰ってね、また会いましょう いつか。

15/02/2010 Keiko


神戸 夜景と海辺と異人館

広島での楽しい会食を終えて、hitomiさん、まみるさんともども新幹線で夜の新神戸に降り立った。

私が先頭で改札を出ると、まみるさんのご主人がいたずら顔で待っていた。

私のすぐ後ろからまみるさんがついてくるものとばかり思って、柱の影から「わっ!」

でもそのとき通ったのは関係ない女性だったのでみなで大笑い。

まみるさんのご主人はかくも茶目っ気のある楽しい方なのだ。

そんな方だから、ボランティアで介護(主にご自分の車で必要な方を必要なところへお連れするというもの)をなさっているけれど、みなの人気者らしい。

さて、車に乗り込むや否や「このままうちに帰るの?それとも神戸の夜景を見る?」とご主人。

翌日は大阪でのオフ会があるので、夜景を見るチャンスは今夜だけ。

「はい、お願いします!」ということになった。

われわれはすぐそばの海辺にでも行くのかと思ったら、しっかり六甲山へ上って行った。

そりゃぁ神戸の夜景をしっかり見るなら六甲山からが一番!

夏は恋人たちで込み合うところだ。

神戸夜景

それにしても今夜は寒い!

空気が冷たいから眺めは最高だが、じっとしていると凍えそう。

しかもhitomiさんは朝からの長旅でいささか疲れていたと見え、六甲の九十九折の道に車によってしまわれた。

気の毒に、車酔いほどつらいものはない。

何度か止まりながら、ご主人が慎重にゆっくりと坂道を降りてやっとまみるさんのお宅に到着。

車を駐車して戻ってこられたご主人が台所へ直行なさった。

なぜなら出かける前にパン種を仕込んでおいたからだそうだ。

なんともマメな方ではある。

まみるさんの好きなパンを毎回こうして焼いてくれるのだそうな。

またしてもすばらしいご主人に出会い心がほんわか。

そして元気な私は風呂上りにビールをいただいてさらにご機嫌。

お二人の寝室をhitomiさんと私が占領してぐっすりと休ませていただいた。

パン1パン2

翌朝、焼きたてのパンと新鮮な野菜やソーセージ、そしてすぐに入れたてのコーヒーがテーブルに用意され、hitomiさんも私も極楽気分。

ゆっくりと朝食をいただいてからまずは神戸へ。

「もう一度六甲へ行こうか?」というご主人の冗談にも今日はhitomiさんも余裕で答える。

実際にはポートタワーなどがある神戸の港へ。

神戸1神戸2神戸3

神戸4こうべ5神戸6

ご主人は案内役に慣れていると見え、水陸両用車なども説明してくださった。

水陸両用車

神戸のはとバスらしきものも止まっていた。

バス

さて今度は少し山手の異人館へ。

私は関西の人間だから、昔神戸にも何度か来たことがあるけれど、

前橋からいらしたhitomiさんはあまりこのあたりをご存じない。

神戸10神戸12神戸14神戸15神戸18

少し坂がきついのだが、これらの異人館は見ごたえがあった。

また異人館の近辺にはかわいらしいものやおいしいものを売るお店があちこちに点在しており、イタリアからのお土産が足りなくなってしまった私は
ここで大阪オフ会に出席してくださるかたがたへの記念品を買った。

その後は腹ごしらえに三宮のほうへと降りていった。

ここで車は有名な生田神社に入って止まった。

にぎやかな街の真ん中の神社は、駐車場としても活躍していたのだ。

お昼は大きな大きなねたで有名なお鮨屋さんに連れて行ってもらった。

あつかましくも私はここであわびを特別に注文して大満足。しあわせ。

こうしてまみるさんのご主人のご親切のおかげで、当初は電車やバスでの観光を心積もりしていたのが楽に効率よくあちこち見学することができた。
本当にありがたいことだ。

さぁここからは3人で電車で大阪へ向かう。

14/02/2010 Keiko


広島へ (ボタニカルアート仲間とのオフ会)

1月17日、すっかり世話になったSの家から神戸の近くに住むまみるさん宅の最寄り駅に向かった。

今回は大きなトランクがあるのでSに送ってもらうことにした。

予定より1本早い電車に乗ったので、20分ほど早くついたはずなのだが、
まみるさんはもうすでに駅で待っていてくれた。

Sは、トランクを改札の外に送り出し、
まみるさんに「よろしくお願いします。」と挨拶をして去っていった。

駅前は駐車するスペースがないのでまみるさんのご主人はどこかで待ってくれている。

まみるさんが電話をするとすぐにやってきた。

2007年の5月にイタリアで5日間ご一緒しただけなのに、この懐かしさはなんだろう?

いや、この親しみは何なのだろう?

ここ数日のことを洗いざらい車中でぶちまけ、車は新神戸についた。

ここからわれわれは新幹線で広島へ向かう。

新幹線の車中にはすでにhitomiさんが乗っているはずだ。

まみるさんのご主人は、私のトランクとともに家に帰って待っていてくださる。

日帰りの私たちを、また今夜ここに迎えに来てくださるのだ。

まったくもってありがたい話。

予定していた新幹線がホームに入ってきた。

指定席の車両部分で待っていた私たちを、hitomiさんは車中から眺めていたという。

ここからは3人で、楽しくおしゃべりをして、あっという間に広島に到着。

姫路城

辛くも姫路城がこんな風に走る車中から撮影できた。すべてカメラのおかげ。(笑)

広島には、私の唯一の中学時代からの友人が住んでいて、彼女とも20数年ぶりの再会。

その唯一の友達とつまらぬことで仲たがいし、何年間も音信を絶っていたことがあった。

一応メールのやり取りを再開して、仲直りができたという体裁だったが、実際にあってみて、今この瞬間に本当に仲直りができたと実感した。

言葉は大切だし、文章からさまざまなことを知ることができる、だが、実際に目を見つめあうこと、手を触れること肩を抱き合うことにまさる

コミュニケーションのはかり方はないのだと思った。

ここでも感動したために泣き続ける私を彼女は小さな肩で受け止めて、いささか照れくさそうにしていたっけ。

また、昨秋から始めたボタニカルアートの教室があるのもここ広島で、今日はmichinari先生が、わざわざ山口から出てきてくださり、個人指導をしてくださるということになっている。

そして広島のボタニカルアート仲間も数人参加してくれることになった。

だから、ここでも総勢は10名に達した。

場所は私が海の見えるところを希望したので、広島駅から30分ほど車を走らせた宇品というところ。

そこに建つ高層のホテルの最上階だったかと思う。

そこからは広島の中心部も、瀬戸内の穏やかな海も、すべて見渡せる。

広島2広島ひろしま3

しかも夕日が目の前に沈むのだ。

ひろしま4 なんと言うロケーション!

ここでも広島在住のかたがたのお心遣いに心から感謝するとともに、そういう知古を得て幸せだと実感する。

michinari先生に、自分の描いたものを見ていただくのはいささか冷や汗ものではあったが、恥ずかしがっていては上達は望めない。

思い切ってすべてをお見せして、まな板の鯉の心境になった。

先生バラの絵胡蝶蘭

評は意外にも「このまま続けなさい。」というもので、優しい先生のお人柄に安堵した。

また先生は、たくさんのご自身の作品を持参してわたしたちに見せてくださった。

まさかとは思っていたが、実物を見る機会に恵まれて本当にありがたい。

いい作品を見ることが何よりも上達につながると思う。

先生の作品は、わたしなどが評価できるものではないがいかにも丁寧に描かれていると思った。

被写体=植物に対する深い想いがそうさせるのだろうか?

目の前にある被写体だけではなく、もっと大きな自然を見つめて描かれたのではないか

一つ一つの作品を拝見し、そのつど背景に大きな自然を感じた気がした。

実は今回、広島の友達にmichinari先生の指導書をプレゼントした。

もちろん先生直筆のサイン入りで!(うらやましい)

彼女もこれを機会にボタニカルアートを始めてくれたらうれしいし、

そうでなくても先生の本は鑑賞するだけでも楽しいから。

そうこうするうちに夕食の時間になった。

階を変え、和食のお店に向かう。

ここからも夕暮れ時の妙がごらんのように目の前に広がって・・・

夕日

話し上手、もてなし上手な方がいらして食事中もワイワイ、そしてげらげら。

先生はいつものように今日もまた黒一点。

そういえば奥様と席は離れていたのに同じメニューを選ばれたのには全員驚いた。

なかよきことはうつくしきかな

なかま

13/02/2010 Keiko