歯医者さん その2

先日は初めてのことに驚いて、
少し口汚く書いてしまったかかりつけの歯医者さんですが、
そう、この先生は歯科医というより[歯医者さん]と呼ぶにふさわしい感じの方。

その後も続けて通っています。
治療の途中でよそに替わると言うのはやはりかなりの勇気が要ります。
しかも、かかってみないことにはそちらのほうがいい先生だとは分らないし、
小さな田舎町で、どこですれ違うかも分らないのに
つまらないことで世間を狭くしたくないし・・・

結構はやっているということは、技術も悪くはないのでしょう。


あの、有名なスーパーマリオからひげを取ったような愛嬌のある方で、
待合室に大きなご自分の一人息子の写真を掲げている子煩悩な方。

今日は、先週神経を抜いたはずの歯が痛むので、
またレントゲンを撮ることになったのですが、
針を差し込んだままの撮影(どこまで神経が取れたかを知るため?)で、
フィルムも私の口の中では結構大きく感じる大きさで、
ちょっと胸が悪くなって、なかなかうまく撮影までいかなかったのです。

また、残っている神経を少し取ったのですが、
麻酔は、歯の中の穴にだけ注入したので、
少し神経を穿り出すと、そこは麻酔が届いていないから飛び上がるほど痛くて
何度も悲鳴とともに体はいすから浮きそうになりました。(笑)

そんな治療を終わったとき、
「えらかったね、今日は大変な治療だったから。よくがんばったね。」と
まるで子供に言うように優しくほめてくださいました。^^

日本へ行くまでに仕事を終わらせたいと31日の予約を入れてくれました。
がさつだけど気のいい先生ということで、総体的には○かな?^^


“歯医者さん その2” への7件の返信

  1. Keikoさん
    歯医者さん、痛そうですね。
    お話だけ伺ってると、あまりお上手とも言えない様な…(苦笑)。
    日本とは事情が違うと言う事でしょうか?
    歯の治療がキチンと終わって年越しを迎えられますように願ってます。

  2. まこさん、
    眠れなくて起きてきました。^^

    今日はちょっとつらかったです。
    そうね、余り上手な先生じゃないかもしれませんね。
    少しがさつなので、治療していない歯や唇に
    器具がぶつかってそのほうが痛かったりします。(笑)

  3. ひょえ~。。。。。痛そう。。。
    日本じゃこんな痛い治療をする歯医者さんじゃやっていけないと思うわ~
    私が通ってるところは、痛みが伴うと思うと、さっさと麻酔してくれる歯医者さんです。
    しかも駐車する時、「はい、ちょっとだけ痛いですよ~」と言うのよ。
    なんかね、近頃は歯医者さんも美容院みたいな(?)乗りなのよね~

    こっちの歯医者さんに連れてってあげたいわ~。。。。

    イタリアはいろんな意味でスゴイな~
    でもとっても魅力的な国!いつか行ってみたいわ、歯の心配のない時にね。

  4. 駐車じゃないわ、注射ね(^0^;)ゞ
    早く治療が終りますように、お祈りいたしております。
    がんばれ~♪

  5. milkyさん、
    この先生も駐車の前には「ちょっとだけピリッと来るけど」といってましたよ。^^


    なんかね助手も雇わない(雇えない?)で
    がんばってるんだなぁと応援したい気持ちもあるのよ。
    そのくせ自分の専用の技師を作る工房を持ってるのよね。(笑)

    そうか、もっとゆっくりした予定で日本で歯を治したらよかったね。

  6. Keikoさん、こんにちは~歯医者さんは私、お隣のお隣町内会でも同じ班のご近所に行っています。あまり近すぎるのもと思ったけどかなりいい感じでラッキーでした。美容院と同じくらい歯医者選びは難しいですだって簡単に変えられないから、、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

  7. 真由美さん、
    いい歯医者さんに当たってよかったね。

    私は美容院へな18年間行ったことがないのよ。
    最後に行ったときに、「ああ、やっぱり思ってたとおりだった。」
    ってがっかりしたものだから。(笑)

    それもいいところに当たったら毎日でも行きたくなるよね。

    真由美さんもよいお年を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。