エバーゴールド

冬場に売られる裸苗は、通販のは別にして、店で売られているのは箱に入っていることが多く、その箱に花の写真や名前が入っています。その名前を頼りにこの冬、大好きなヴィルゴを2株黄色と赤と、白いバラをひと株ずつ買ったように覚えているのですが、なんと咲き始めてみて、箱に書かれていた名前がまったく違っていることに気がつきました。まず、ヴィルゴだと思っていたのに2株ともパスカリでした。パスカリも美しいバラなので、喜んで受け入れますが・・・これは少なくとも色が正解だったので、仮に庭に植え込んでいたとしてもそんなに障害はありませんがもしもホワイト花壇にするつもりだったのに赤いバラだったらと思うと次回から心配です。実は昨年もパスカリを買ってきたのに、色つきの花が咲きました。今年になってそれがアンドレ・ル・ノートルだとわかりましたが、自分で植えた覚えがないものが咲くと不気味です。(笑)また、今年買った黄色いバラの箱にはLandaraと書かれてあったのですが、咲いたバラをネットで検索すると、どうやらエバーゴールドのようです。これもイタリア国内でのみLandaraと呼ばれているのかもしれません。もっと調べてみます。とってもきれいで波打つ花びらが素敵です。P1060126.jpg室内で少し濃い目に写っていますが、明るいレモンイエローです。野菜畑に仮に植え込んでいたのですが、元気に咲いています。どんなバラもうつくしいし、元気に育ってくれているので文句はありませんが、なんといってよいのやら、「おおらか」で済ませることにしましょうか。^^

引越しのお知らせ

ずいぶん遅くなりましたが、このblogを引っ越したのでお知らせします。新しいアドレスはhttp://piccolamiss.hungry.jp/preferitoですタイトルは今までどおり-花はな・ワン・にゃん-ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

花見川

Ferdy003.jpgこの、盆栽のような小さなバラを、ピンク・シンフォニーと紹介してきましたが、なんとFerdyというバラだと判明しました。というのも、今年のカタログで選んで二株も注文したのです。それが咲き始めてみたら、ピンク・シンフォニーだと思っていたバラとまったく同じ花だったのです。今年はこんなに大きくなりました。Ferdy003.jpgそしてこのばら、本当は「花見川」というのです。日本のバラ協会の会長さんだった鈴木省三さんの生み出されたものです。それが、海外ではFerdyと呼ばれているのです。何も知らないでつい日本原産の花木を買たり、こうしてバラまで日本生まれのものを選ぶのはやはりわたしのDNAのなせる業でしょうか?(笑)とにかく咲き始めのこんなとき、胸がきゅんとなるほどかわいいです。Ferdy012.jpg

雨の中で踊るには

今日は名古屋の友人からのメールをそのままご紹介します。もちろんご本人の許可を得ていますし、そもそも原文が南アフリカから転送されてきた感動的な話なのです。             「雨の中で踊るには・・・」忙しい朝、八時半頃、八十代の男性が怪我をした親指の抜糸にやって来た。彼は「九時に会う約束があるんで急いでいるんです。」と言った。私は彼の真剣な表情を見て、とりあえず、彼を座らせたが、会う約束があると言っても、今から一時間以上はかかると思っていた。彼は時計を見ていた。 私は他に患者がいなかったので、彼の傷を診てやる事にした。傷はきれいに治っていたので、他の医者に手伝わせて、抜糸の準備をした。私は傷の手当をしながら、別の医者と診察の約束があるのかと思い、急ぐ理由を尋ねた。「いや、実は介護ホームに行って、家内と朝食をとるんでね」と彼は言った。私が彼女の健康状態を尋ねると、アルツハイマーで、このところ、ホームのお世話になっているとのこと。「それじゃ、遅刻すると、ご機嫌が悪いだろう」と訊くと、「彼女は彼が自分の夫かどうか認識できない状態になって、もう五年になる」と言う。私は驚いて、それでも毎朝会いに行くのかと尋ねると、彼はにっこりして、私の手を軽くたたいて言った。「彼女は私が分からなくても、私は彼女が分かるからね。」私は彼が出て行く姿を見て、涙が出そうになった。目からうろこが落ちるような感動を覚えた。 これこそ私の人生が求める愛だと思った。真の愛とは肉体的なものでも、ロマンスでもない。目下の、過去からこれまでの、そして未来あるであろう現実すべてを受け入れることだ。ジョークや笑い話をまじえたメールの中にも、時には大切なメッセージを伝えるものがある。この話はそうしたメールのひとつである。もっとも幸せな人は最高のものを所有している人とは限らない。もっとも幸せな人は、持っているもの全てを最高のものにする人である。人生は嵐を如何に乗り切るかではなく、雨の中で如何にダンスをするかが問題なのだ。 この話をあなたのお友達にも紹介してください。いかがでしょうか。私も大いに感動したので皆様にもお伝えしたくなったのです。すべての現実を受け入れること、そして愛することに幸せを見出すことがすばらしいと思います。私も持っているものすべてを最高のものにしていくよう努力します。そうして雨の中でダンスができる人間になりたいです。

よかった

1ヶ月前に急に体調を壊されたネッ友さんが、今夜HPを更新していらした。厳密には掲示板に元気になられたことを書いておられたのだ。よかった!その方とは一度もお会いしたことがないのに、ふだんネットでお話しているだけなのに、体調を壊されてずいぶん長いこと経っていて心配でしょうがなかった。人の縁とは不思議なものだと思う。自分の親戚のことなどはちっとも気にならないのに、ネットで交流している人たちのことが、まるで家族のことのように気にかかるのだから。