サマータイム

ただいま夕方7時半。CIMG7374.jpgまだこんなに明るいです。今日からヨーロッパはサマータイムに入りました。つまり本当はまだ6時半なのです。でも今朝の2時ごろにいきなり3時になって・・・10月最後の日曜日までこういう時間帯で生活します。日本との時差が7時間になりましたよ!昨日今日と晴天が続き、気温も20度にあがり、やっと春らしくなりました。このまま行ってもらいたいけれど、どうかなぁ。毎年4月の中ごろに雪がちらつくこのあたり。咲き始めたたくさんの花に、特に果物に冷害がきませんように。

オヒョウモモ

オヒョウモモ葉がおひょうに似ているので「オヒョウモモ」というらしいです。またかなりの寒さにも耐えるからでしょうかシベリアザクラという別名もあるらしいですが、桜ではありません。学名はPlunus Trilobaプラムといえばイタリアでは梅を指すので八重咲きの梅だと思って買ってきました。名前はともかく花はとってもかわいいです。腰がかなりよくなってきたので、一足早い快気祝い。自分で勝手にやっちゃいます。(笑)この花と、マティアス・メイアンというバラ。一株あるのですが、息子の名がついたバラなのでもう一つ買いました。そして、この冬だめになってしまったクフェア。以前のは青い花と白い花でしたが、今回のは紅色です。以上が私の快気祝い。へへへ・・・追加記入オヒョウってこういう形の葉っぱです。ニレ科の木だそうです。オヒョウモモの葉はこんな形じゃありませんが葉脈がそっくりです。もっとこれから大きくなれば形も似てくるのかもしれませんね。

ムスカリ〜〜〜

今年は野生のムスカリがたくさん咲いています。ムスカリ1みなさんのサイトを拝見して、ムスカリの存在を知り、そのかわいらしさを知り、たくさん球根を買って植えつけました。今では毎年こんな風に咲いてくれています。ムスカリ2でも、数年前から庭の、特に果樹園のほうの端っこにいくつか野生のムスカリを発見するようになりました。きっとずっと前から咲いていたのでしょうが、気がつかなかったのでしょうね。それが今年はうんと下のほうへも降りてきてあちこちにたくさん咲いています。そろそろまた草を刈らなければいけないのに、困ったなぁ。去年までは数が少なかったので、見つけ次第植え替えてそのあとで草を刈っていたのですが、こんなにあちこちにあるんじゃそうはいかないだろうなぁ。ちょっと気がついたのは野生のムスカリは頭は色が園芸種より薄くて下のほうは若干黒っぽいということです。皆さんはどう思われますか?ムスカリ3

花柄摘み

長かった雨が午後になって上がりました。久々に済みきった青空と、まぶしい太陽光線を浴びました。そして、気になっていたスイセンなどの花柄摘みをしました!快調です。ずっと雨風から外のテーブル下に避難させていた鉢たちは息子に頼んでもとの新しい鉢置き場に戻してもらい、ビオラの花柄つみと、ついでに刺し芽もしてみました。でも、発根剤も何もつけず、水揚げもせずに荒っぽい作業だったのでどれくらいついてくれるか期待はしていません。少し摘心したのを捨てるのがもったいなかっただけなのです。^^そして、バラのつぼみ発見!ひとつはおとといだったかに見つけていたのですが、ミニバラだろうと思っていました。でも、今日ルイ・ディ・フーネのつぼみを見つけたので、先日のもよくよく観察したらニューヨーカーのようです。生まれたばかりのルイルイ・ディ・フーネしっかり形になってるニューヨーカーニューヨーカーそして最後に今年の話題性ということで、真っ白なピエールさまパレ・ロワイヤルの特別席の様子を。^^パレ・ロワイヤル

コチョウラン(=ファレノプシス)

こちょうらん1うちには小さなコチョウランが3鉢あります。白と、うすいピンクと、ピンクにそばかすのあるのと。3つとも元気よく花穂を上げ、つぼみが少しずつ膨らんできたのに、なぜかつぼみのまま落ちてしまいます。今、いろんなサイトを調べてみるとやはり急激な気温の変化のようです。10日ほど前はすっかり春めいていたのに、ここの所冷たい雨の降る日ばかり。コチョウランは窓辺にいますが、昼間の日照が断然足りないのだろうと思います。よく乾燥させすぎる私なので、気をつけて霧吹きなどをしていたのですが、どうも今回はうまくありません。みんな咲いたら見ていただこうと思っていましたが、つぼみだけでも見ておいていただきましょう。そのうち丸坊主になるかもしれないから。(笑)こちょうらん2 こちょうらん3