お恥ずかしいですが

まだ完成とはいえませんが、こんなパンキーナを作りました。

初めは木を組み合わせるところを彫刻刃で削っていたのですが

日が暮れてきたのでただ麻紐で結わえておきました。

ホーマル・シンプソンの日曜大工だねって言われてしまいました。(笑)

夏時間

今日から10月の最後の土曜日まで、ヨーロッパの国々は夏時間に入りました。

わずか1時間のことでずいぶんと燃料代が節約できるのだそうです。

われわれもなんとなくうれしいです。

だって昨日まで夜7時前にはすっかり暗くなっていたのに、

今日からは8時近くまで薄日が残っているんですから。

今日はずっと庭仕事をしていたので、スーパーへ行くのが7時過ぎになりましたが

明るいせいか苦になりませんでした。

息子も門限が1時間伸びて喜んでいます。(笑)

最後の5リットル


昨年収穫したブドウで57リットルのワインが出来ました。

11月にあけたときはまだ色もほとんど透明で、

ぶどうジュースから甘さをとったような感じでしたが、

今ではこんなにいい色になり、味もワインらしくなりました。

素人が作ったワインとしてはかなりおいしいワインです。(笑)

自己満足だとお笑いでしょうね。

そうかもしれません。

でもほんとにおいしくて、白は買わずにずっとこれを飲んでいました。

料理にも使いました。

それも、この5リットル入りのボッチョーネというビンが最後です。

冬場は肉料理が多いので赤を飲むほうが多いのですが、

あっという間になくなってしまいました。

今年はブドウもワインも作る気はなかったのですが・・・・

なるに任せましょう。

落第です

ちょうど今の息子と同じ年頃、学校の文化祭でフォークソングをうたってギターを弾いて・・・

楽しい学生時代をすごしました。

ただ、ジャカジャカと弾いていただけですが、それなりに楽しんでいたものです。

でも息子にはちゃんと勉強してもらいたくて遠縁のギターの先生に数年間、

クラッシックギターの個人教授をしてもらっていました。 時々は私も手ほどきを受けました。(笑)

でも彼女も高校のラテン語の教師の仕事が忙しくなり、うちまで通ってこられなくなりました。

そうするうちに息子はエレキギターへ方向転換。

というより、自分の好きな方向へ昇華して行ったのですね。

ここ半年の上達は親ばかの度合いを抜いても目を見張るものがあり、うれしい限りです。

その息子が私に「ちょっとこれやってくれる?」といってきました。

彼の言うパートを私が弾ければ一緒に演奏できるのです。

でも・・・ギターより鍬だのチェーンソーだのを持ちなれたわたしには彼が望む演奏は出来ませんでした。

いえ、もともとのレベルが・・・

しばらく辛抱強く教えてくれていた息子ですが、母親が苦労しているのを見てあきらめたようです。

悲しいような、うれしいような・・・変な気持ち。

コニファー


 

 

 

 

 

ガゼッボの四隅に小さなコニファーをバックにした寄せ植えを用意しました。

まだ、コニファーも一緒に植えつけたヴィオラやプリムラも小さいけれど

これからどんどん大きくなって植木鉢からはみ出していくことでしょう。

オス犬がいると苦労します。

このコニファーたちもKenにおしっこをかけられて

下のほうの色が変わっていたので

そのあたりを切り取って急遽背の高い鉢に植え替えたというわけなのです。

もう少し暑くなって、毎日水をたっぷりやるようになればいいのですが、

それまでは気をつけていないと・・・

でもね、Kenのしぐさはかわいくて叱る気にはなりません。


毎年小さめのコニファーを買っているのは、

そのうちブドウ畑の上のお隣との間に垣根を作ろうと思っているから。

そこにきれいな垣根が出来ると、ちょうど舞台の背景のような効果が得られると思います。