カーニバルの終焉

息子が扮装しなくなって2年目、カーニバルの存在が遠くになりました。

小さいときはバットマンになったり、忍者ターキーになったり、

わざわざローマまで出かけて、親も一緒に楽しんでいました。

ところが最近の子は扮装より、人の車にスプレーを吹きかけたり、

道行く人に生タマゴをぶつけたり・・・

カーニバルの冗談というよりは、たちの悪いいたずらになってきて残念なことです。

2年前に生タマゴを頭にぶつけられた時に、息子のカーニバルへの思いが変わったようです。

もっと大人になったら、また友達と楽しい集いを持つこともあるでしょう。

とにかくそういうことで、1月6日からのカーニバル、今日で終わりです。

トリノオリンピックでもカーニバルの扮装をしていたわけがお分かりいただけたと思います。

ちょうどそういう季節だったのです。

明日からは復活祭まで47日間の謹慎生活です。

我が家は神道ですから、関係ありません?。(笑)

本当の金メダル

日本には燦然と輝く金メダルがひとつ。
イタリアには、金・銀・銅あわせて15個と二桁のメダルが取れて好成績に終わったといって好いようです。
いろいろな人間ドラマも織り込まれた大会でした。

でも、今大会最高のメダルは無事故に終わったということです。

オリンピックというスポーツの祭典が、主義主張のアピールの場になって久しいですが、
アメリカの代表として参加していた黒人選手たちがこぶしをあげたときもそうだったのですが、
あの頃はアピールの仕方もスポーツ精神にのっとったものであったように思うのですが、
最近は、恥も外聞もないテロ行為が頻発しているので、私はとても心配でした。

昨夜、イタリアの責任者がコメントしている時に乱入者がありましたが、
もし、なにか武器を持った人だったらと思うと空恐ろしいです。

また、たくさんの花火やガスによる炎など、仕掛けも大掛かりで、
小さなミスが事故につながったかもしれない。

そういうことが何事もなく閉幕できたこと。
それこそが私には一番喜ばしいことでした。

いっせいに

長い雨が上がって今日は雲ひとつない晴天でした。
先日開きかけていたクロッカス・サトゥルヌスも今日はご覧の通り。



普通のクロッカスに比べてずいぶん小さいです。
今年はこれをたくさん植えました。濃いビタミン色です。(笑)


 

同じくビタミン色のラッパスイセン。シナレンギョウも黄色です。
まだ、ひとつだけ咲いていました。

  
プリムラは夏場に涼しいところへ非難させなければならないので鉢植えです。

一緒に植わっているのは
昨年から生き延びているロベリアです。霜よけ小屋で冬を越しました。


 

イベリス はこの寒さの中でびくともしませんでした。

家の壁沿いに鉢を置いたこともあるでしょうが、
なんともはや、冬場には頼もしい花です。


園芸書には開花期が5,6月となっているのですが・・・

 

 

 

午前中たくさんの花を見て元気が出たので、
午後は先週買っておいた空木やバラを植え付けました。


竹やぶだったところが少し花壇らしくなってきました。

 

Buon compleanno Paolo

きのうはPaoloの誕生日でした。
Paoloには誕生日が2回あります。
実際に生まれた日、昨日24日と27日が戸籍に記載されている日。
戸籍係のミスなのか、届けを出した父親が勘違いしたのか。
とにかく親戚は24日を祝い、友達は27日を祝うと言う現象がおきています。


家族は2回祝います。(笑) 実は昨日は忘れていました。
おじからの電話がなかったら本人も忘れていたことでしょう。


ガスが切れた時に外で夕食をしようといいながらそのままになっていたので、
昨夜は思い切って出かけました。
イタリアのレストレンは時間がかかるので、ついおっくうになってしまうことがあります。


昨日は金曜日でお魚を食べる日。
山のてっぺんにあるレストランに新鮮なお魚がどっと入っている日です。


暖かい海の幸の前菜
(ムール貝・イカ・えびをスープで煮込んだもの)


海の幸の前菜
(いか・えびのミックスサラダ、サーモンのマリネー、カジキマグロの燻製、
カタクチイワシのマリネー、ルゲッタ(ルーコラ)の盛り合わせ)


スモークサーモン

以上の前菜を3人で分けました。

 

プリモはリゾットにしました。
陽介はスカンピ(手長えび)のリゾット
Paoloとわたしは漁師のリゾット(あさり・ムール貝・えび・イカがはいっていた)


セコンドはPaoloが片口いわしのフライ。
陽介と私はいか・えびのフライにしました。
このところグリルが続いていたので、なんとなく油物がほしくなったのです。


付け合せはジャガイモを天火で料理したもの。

そしてデザートはミッレフォーリエといって、
パイ生地の間にクリームやチョコレートチップが入ったものでした。


おいしかったぁ。でも食べ過ぎました。
帰宅してからもくるしくてたまりませんでした。


食事中はひょんなことからイタリアの中世に市民の言葉が確立されてきたこと、
書き言葉はあくまでもラテン語で、
市民は文盲でいることに甘んじていなければならなかったことや
あるいはミケランジェロとユリウス2世のかけあいなど少し固めの話題でしたが、
Paoloが面白おかしく話してくれるので、楽しいときを過ごしました。


食事中は喋り捲り会計も持たされていったい誰の誕生日かわからないPaoloでした。(笑)

 


かろうじて、ワインのラベルだけ
写真に収めました。


あとの料理は・・・

料理が来ると、食べることに夢中で
写真を撮り忘れてしまいました。


ダメですねぇ。

この白ワインはシチリアの「DONNAFUGATA」

おいしかったですがビンの底に穴が空いていたらしくすぐ空っぽになりました。(笑)