再度の変更

このblog(正確には以前のロリポblogをさします)は、

私の使っているサーバーから提供していただいているものなのですが、

すぐ横の本の宣伝が大きくていやなので
ほかの以前使っていたものに先週変更しましたが、

そちらはコメントの書き込みがうまくいかないので、
再度こちらに変更しましたことをお知らせすると共に、
あけるたびにころころ変わって戸惑われたかと思います。

その点をお詫び申し上げます。

楽しく使いやすいページに今後も改良していきたいと思っておりますので、
近い将来また何がしかの変更があるかもしれませんが
よろしくお付き合いくださいませ。

またこの場をお借りして、先週使っていたblogの欠点を潔く指摘してくださったHitomiさんに、感謝いたします。

コロンバ

平和を象徴する白いハトをイタリアではコロンバと呼ぶ。

コロンバはノアの箱舟から放たれてオリーブの小枝をくわえて戻ってきたところが、初期のキリスト教徒たちの壁画にも見られる。

今日でも復活祭にコロンバの形をしたカステラのようなものを頂く。

とにかく真っ白なはとを見るとなんとなく気分がいい。

かつてローマのパンテオンという建物の中で舞っているのを見たときにもなんともいえない敬虔な気持ちになったものだ。

今日、なんとそのコロンバ・真っ白いはとがうちの庭にやってきた。

街で見かけるはととは違いスリムな体つきが印象的だった。

真っ白な鳥が庭の木から木へと舞う姿は何かいいことの暗示のように思えてならない。

こんな気持ちになることこそがコロンバの恩恵か。

成長してますよ!

ぶどうの芽ぶどうの木のオーナーの皆様、ごらんください。

寒さが戻ったり冷たい雨が降ったりしているここイタリアですが、ぶどうさんはちゃんと成長しています。

今年は念願だった全畑の土の返しというんでしょうか耕運機でもって土をひっくり返しましたので、きっと呼吸しやすくなっていると思います。

うちの畑は緩やかですが斜面になっているので、わたしの力では耕耘機は扱えず相棒のPaoloの力を借りました。

これまでは木の周辺部のみをわたしがくわでちょこまか耕していましたが、やっぱり全体的にやると気持ちがいいです。

この赤い葉がもうすぐきれいなグリーンになって薄黄色の花が付いてきますよ。お楽しみに!

法王様さようなら

亡きジョバンニパオロ2世
何度も大きな手術をなさってそのたびに元気を取り戻してこられた法王様だが、今回は力尽きてしまわれた。

数年前から辞職してはどうかなどと言う声が上がっていたが、最後まで法王様でいらして、苦痛と戦うところを信者にまざまざとお見せになるという形で、その信仰の強さを世界に示して亡くなられた。

何度か法王様達の死を見てきたイタリア人にも、これほどおおくの信者に見送られた方はいなかったといわせるほどだ。

小さい子供が作文を書いていた。

「立派な法王様、ごめんなさい今ごろになって気がついて。」